地方の薬剤師の待遇の良さは目を見張るものがありますからね

この記事は約5分で読めます。

今後はがんや緩和ケア、在宅医療といった領域のニーズが特に高まっていくと考えられます。その領域の認定・専門薬剤師は高く評価をされ、将来の年収にもつながるはずです。

更に「一人薬剤師」 として勤務しなければならない可能性もありますので、忙しいことが多かったり、残業など勤務条件は厳しくなる可能性もある と言う事は、認識しておく必要があります。

・スペシャリストとして頼りにされる薬剤師になれるーー。

しかし、公務員は薬剤師とは別に「国家(地方)公務員試験」 を受けなければなりませんし、製薬会社は人気があり、入職の倍率も高いためどちらも狭き門と言えます。

結局、薬剤師という職業のコスパの良さは、それぞれの薬剤師の経歴や能力に一存するというしかできません。

年収1000万円の生活をしていれば、高級車や少し贅沢な家も建てることが可能です。間違いなく、薬剤師は他のサラリーマンより余裕を持っています。

病院薬剤師を選ばなければ、ここまで変わってくるとは!?

平均年収データは厚生労働省発表のデータがベースとなっていますが、平均時給に関しては兵庫県単独のデータが無い為、短時間労働者(薬剤師)の全国平均値と兵庫県の平均年収データをベースに薬剤師転職サイト比較.JAPANが独自に算出した推定値となっています。

調剤薬局の薬剤師として働くにあたって、「正直、年収はどのくらいなの?」と悩んでいませんか?

そもそも、10年前なんて「薬剤師は過剰飽和でワーキングプアになる!」なんてあれほど騒いでいたのに、現状を見るとまだまだ薬剤師飽和には遠い状態です。地方の薬剤師の待遇の良さは目を見張るものがありますからね。

薬剤師として

今後はがんや緩和ケア、在宅医療といった領域のニーズが特に高まっていくと考えられます。その領域の認定・専門薬剤師は高く評価をされ、将来の年収にもつながるはずです。

更に「一人薬剤師」 として勤務しなければならない可能性もありますので、忙しいことが多かったり、残業など勤務条件は厳しくなる可能性もある と言う事は、認識しておく必要があります。

・スペシャリストとして頼りにされる薬剤師になれるーー。

しかし、公務員は薬剤師とは別に「国家(地方)公務員試験」 を受けなければなりませんし、製薬会社は人気があり、入職の倍率も高いためどちらも狭き門と言えます。

結局、薬剤師という職業のコスパの良さは、それぞれの薬剤師の経歴や能力に一存するというしかできません。

年収1000万円の生活をしていれば、高級車や少し贅沢な家も建てることが可能です。間違いなく、薬剤師は他のサラリーマンより余裕を持っています。

病院薬剤師を選ばなければ、ここまで変わってくるとは!?

平均年収データは厚生労働省発表のデータがベースとなっていますが、平均時給に関しては兵庫県単独のデータが無い為、短時間労働者(薬剤師)の全国平均値と兵庫県の平均年収データをベースに薬剤師転職サイト比較.JAPANが独自に算出した推定値となっています。

調剤薬局の薬剤師として働くにあたって、「正直、年収はどのくらいなの?」と悩んでいませんか?

そもそも、10年前なんて「薬剤師は過剰飽和でワーキングプアになる!」なんてあれほど騒いでいたのに、現状を見るとまだまだ薬剤師飽和には遠い状態です。地方の薬剤師の待遇の良さは目を見張るものがありますからね。

薬剤師に大事なもの

今後はがんや緩和ケア、在宅医療といった領域のニーズが特に高まっていくと考えられます。その領域の認定・専門薬剤師は高く評価をされ、将来の年収にもつながるはずです。

更に「一人薬剤師」 として勤務しなければならない可能性もありますので、忙しいことが多かったり、残業など勤務条件は厳しくなる可能性もある と言う事は、認識しておく必要があります。

・スペシャリストとして頼りにされる薬剤師になれるーー。

しかし、公務員は薬剤師とは別に「国家(地方)公務員試験」 を受けなければなりませんし、製薬会社は人気があり、入職の倍率も高いためどちらも狭き門と言えます。

結局、薬剤師という職業のコスパの良さは、それぞれの薬剤師の経歴や能力に一存するというしかできません。

年収1000万円の生活をしていれば、高級車や少し贅沢な家も建てることが可能です。間違いなく、薬剤師は他のサラリーマンより余裕を持っています。

病院薬剤師を選ばなければ、ここまで変わってくるとは!?

平均年収データは厚生労働省発表のデータがベースとなっていますが、平均時給に関しては兵庫県単独のデータが無い為、短時間労働者(薬剤師)の全国平均値と兵庫県の平均年収データをベースに薬剤師転職サイト比較.JAPANが独自に算出した推定値となっています。

調剤薬局の薬剤師として働くにあたって、「正直、年収はどのくらいなの?」と悩んでいませんか?

そもそも、10年前なんて「薬剤師は過剰飽和でワーキングプアになる!」なんてあれほど騒いでいたのに、現状を見るとまだまだ薬剤師飽和には遠い状態です。地方の薬剤師の待遇の良さは目を見張るものがありますからね。

まとめ

今後はがんや緩和ケア、在宅医療といった領域のニーズが特に高まっていくと考えられます。その領域の認定・専門薬剤師は高く評価をされ、将来の年収にもつながるはずです。

更に「一人薬剤師」 として勤務しなければならない可能性もありますので、忙しいことが多かったり、残業など勤務条件は厳しくなる可能性もある と言う事は、認識しておく必要があります。

・スペシャリストとして頼りにされる薬剤師になれるーー。

しかし、公務員は薬剤師とは別に「国家(地方)公務員試験」 を受けなければなりませんし、製薬会社は人気があり、入職の倍率も高いためどちらも狭き門と言えます。

結局、薬剤師という職業のコスパの良さは、それぞれの薬剤師の経歴や能力に一存するというしかできません。

年収1000万円の生活をしていれば、高級車や少し贅沢な家も建てることが可能です。間違いなく、薬剤師は他のサラリーマンより余裕を持っています。

病院薬剤師を選ばなければ、ここまで変わってくるとは!?

平均年収データは厚生労働省発表のデータがベースとなっていますが、平均時給に関しては兵庫県単独のデータが無い為、短時間労働者(薬剤師)の全国平均値と兵庫県の平均年収データをベースに薬剤師転職サイト比較.JAPANが独自に算出した推定値となっています。

調剤薬局の薬剤師として働くにあたって、「正直、年収はどのくらいなの?」と悩んでいませんか?

そもそも、10年前なんて「薬剤師は過剰飽和でワーキングプアになる!」なんてあれほど騒いでいたのに、現状を見るとまだまだ薬剤師飽和には遠い状態です。地方の薬剤師の待遇の良さは目を見張るものがありますからね。

タイトルとURLをコピーしました