では増えている薬剤師はどこで働いているのでしょうか

この記事は約18分で読めます。

一方で、国主導の「医薬分業」推進の結果、大きな成長を遂げた調剤薬局各社ですが、その好調すぎる業績に一部では「儲けすぎではないか」との批判の声もあがっています。「医薬分業」の政策は、「薬局の薬剤師が患者の状態や服用薬を把握し、処方内容をチェックすることにより、複数診療科受診による重複投薬、相互作用の有無の確認や、副作用・期待される効果の継続的な確認ができる」(厚労省)ことを狙いとしたものですが、過去の医師や医療機関による処方箋の乱発や儲けすぎを抑止する意味も多分にありました。利益の行き先が病院から調剤薬局に変わっただけではないか、本来の「かかりつけ薬剤師」の機能を果たせていない、との意見があるのも事実です。人口の4人に一人が65歳以上の高齢者となった現在、厚労省には患者にとって本当にメリットが実感できる薬局の仕組み作りが求められています。
「薬剤師に転職-仕事内容や平均年収・給与、向いている人を解説」 と 「薬剤師の平均給与・ボーナス・年収を年齢別に公開」もご覧下さい。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

医師・歯科医師・薬剤師調査は、名称どおり医師・歯科医師・薬剤師の数や勤務状況などを調べるもので、現在は2年に1度実施されています(2年前の2014年調査の記事はこちら)。現在、鋭意議論されている「医師偏在対策」の重要な基礎資料になります(関連記事はこちらとこちらとこちら)。ここでは医師に焦点を合わせて2016年の調査結果を眺めてみましょう。

調査は、16年12月31日現在の医師、歯科医師、薬剤師が保健所に提出した届出票を集計したもの。

薬剤師数が毎年どの程度推移しているのかをまとめた表です。薬剤指数の調査を開始した昭和30年!(1955年)から現在までの約60年間をみると、昭和30年には約52,000人だったものが、現在では約28万8,000人と6倍弱にまで増えています。昭和30年の日本の人口は約8,900万人、現在が約1億2,000万人なので、日本全体に占める薬剤師の割合は大きくなっています。
この理由は、薬剤師の存在が重要になってきたことはもちろんなのですが、高齢者が増え、薬に対するニーズそのものが増えていること、医薬分業により調剤薬局などが増えていることなどが挙げられます。
では増えている薬剤師はどこで働いているのでしょうか。次に就業場所について解説します。

しかし、業界の再編が進むと、薬剤師を取り巻く環境は少なからず影響を受けます 。

■東京・千葉を中心に、200店舗を超えるドラッグストア・調剤薬局を展開

くすりの福太郎は、美と健康の提供を通して社会に貢献することを「社会使命」とし、地域の皆様の健康で豊かな暮らしづくりをサポートして参りました。単に美と健康に関する商品を提供するのではなく、「モノを売るより、健康を売ろう」という精神により、常に地域のお客様と誠実に向き合いながら、お客様のためにベストなご提案を進めています。

■文理問わず、様々な学部出身者が活躍

くすりの福太郎が運営する店舗は「ドラッグストア専門店」「調剤併設型ドラッグストア店」「調剤専門店」の3形態に大別でき、そのほとんどが東京都23区・千葉県北西部に位置しています。人口が密集している駅前や繁華街及び住宅街に出店している点に、大きな特徴があります。

調剤専門店が医療機関の処方せんを応需し、「患者様の薬物治療を支える」という役割を果たしているのに対して、ドラッグストアは処方せんがなくても購入できる一般用医薬品を始め、健康食品や日用品など、幅広い商品を取り扱っています。ドラッグストアには文理問わず様々な学部出身の社員が働いており、現場で経験を積んだ後、店長やスーパーバイザーに昇格してマネジメントに取り組んでいるほか、商品部や経営企画室、社長室など会社の管理部門で活躍する者もいます。一方、調剤併設型ドラッグストア店に勤務する薬剤師は「一般用医薬品や健康食品を豊富に取りそろえている」という店舗の利点を生かして、お客様の日々の健康相談にも応じ、予防・治療を力強く支えています。また、キャリアパスも多彩で、本社の管理部門に異動する薬剤師も少なくありません。

■「Smile every day!」―毎日を笑顔で働きながら、理想のキャリアを

これから先も、変わらずに地域のお客様の美と健康、そして薬物治療を支えていく。これが、私たちくすりの福太郎が目指す道です。医薬を専門に学んできた薬剤師も、そうでない一般学部出身者も、すべての社員が毎日を笑顔で働きながら理想のキャリアを築いていけるように―。職能・職種別研修を始め、多彩な研修プログラムを用意して、社員の成長を全力でバックアップしています。

薬剤師は昔から女性の割合が高かったため(女性が6割程度)、女性が正社員・フルタイムで活躍できる環境が確立されています。
そのため、薬剤師は他の職業よりも男女間の収入格差が少なくなっています。

薬剤師が働く薬局やドラッグストア、病院調剤薬局などの医療機関はどこも人手不足で悩んでおり、転職を考えている人にとっては有利な状況が続いています。どこの企業も優秀な薬剤師に来てもらうために、賃金や福利厚生などの労働条件を手厚くしているところが多いようです。
転職にあたっては、数社の面談で安易に決定せずに、自分が「勤務地」「給与」「労働時間」「休日」「やりがい」などの何を重要に考えているのか、しっかり考えて、妥協のない転職活動をおこなうべきです。
地元(通勤30分圏内)での転職を希望するなら、現住所のハローワークや、地元の求人誌などが良いでしょう。また「給与」「労働時間」「休日」「やりがい」などを重視している場合は、比較がしやすい医療系転職サイト、さらにあなたが20代~30代前半なら医療系の転職エージェントを活用するのも手です。
いずれにしても好条件求人を見逃さないように日頃からチェックをして、いざという時にすぐ動ける心構えを持っておくことが重要です。

「ママ薬剤師向け」とういう条件で検索できる唯一のサイト。

薬剤師として

一方で、国主導の「医薬分業」推進の結果、大きな成長を遂げた調剤薬局各社ですが、その好調すぎる業績に一部では「儲けすぎではないか」との批判の声もあがっています。「医薬分業」の政策は、「薬局の薬剤師が患者の状態や服用薬を把握し、処方内容をチェックすることにより、複数診療科受診による重複投薬、相互作用の有無の確認や、副作用・期待される効果の継続的な確認ができる」(厚労省)ことを狙いとしたものですが、過去の医師や医療機関による処方箋の乱発や儲けすぎを抑止する意味も多分にありました。利益の行き先が病院から調剤薬局に変わっただけではないか、本来の「かかりつけ薬剤師」の機能を果たせていない、との意見があるのも事実です。人口の4人に一人が65歳以上の高齢者となった現在、厚労省には患者にとって本当にメリットが実感できる薬局の仕組み作りが求められています。
「薬剤師に転職-仕事内容や平均年収・給与、向いている人を解説」 と 「薬剤師の平均給与・ボーナス・年収を年齢別に公開」もご覧下さい。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

医師・歯科医師・薬剤師調査は、名称どおり医師・歯科医師・薬剤師の数や勤務状況などを調べるもので、現在は2年に1度実施されています(2年前の2014年調査の記事はこちら)。現在、鋭意議論されている「医師偏在対策」の重要な基礎資料になります(関連記事はこちらとこちらとこちら)。ここでは医師に焦点を合わせて2016年の調査結果を眺めてみましょう。

調査は、16年12月31日現在の医師、歯科医師、薬剤師が保健所に提出した届出票を集計したもの。

薬剤師数が毎年どの程度推移しているのかをまとめた表です。薬剤指数の調査を開始した昭和30年!(1955年)から現在までの約60年間をみると、昭和30年には約52,000人だったものが、現在では約28万8,000人と6倍弱にまで増えています。昭和30年の日本の人口は約8,900万人、現在が約1億2,000万人なので、日本全体に占める薬剤師の割合は大きくなっています。
この理由は、薬剤師の存在が重要になってきたことはもちろんなのですが、高齢者が増え、薬に対するニーズそのものが増えていること、医薬分業により調剤薬局などが増えていることなどが挙げられます。
では増えている薬剤師はどこで働いているのでしょうか。次に就業場所について解説します。

しかし、業界の再編が進むと、薬剤師を取り巻く環境は少なからず影響を受けます 。

■東京・千葉を中心に、200店舗を超えるドラッグストア・調剤薬局を展開

くすりの福太郎は、美と健康の提供を通して社会に貢献することを「社会使命」とし、地域の皆様の健康で豊かな暮らしづくりをサポートして参りました。単に美と健康に関する商品を提供するのではなく、「モノを売るより、健康を売ろう」という精神により、常に地域のお客様と誠実に向き合いながら、お客様のためにベストなご提案を進めています。

■文理問わず、様々な学部出身者が活躍

くすりの福太郎が運営する店舗は「ドラッグストア専門店」「調剤併設型ドラッグストア店」「調剤専門店」の3形態に大別でき、そのほとんどが東京都23区・千葉県北西部に位置しています。人口が密集している駅前や繁華街及び住宅街に出店している点に、大きな特徴があります。

調剤専門店が医療機関の処方せんを応需し、「患者様の薬物治療を支える」という役割を果たしているのに対して、ドラッグストアは処方せんがなくても購入できる一般用医薬品を始め、健康食品や日用品など、幅広い商品を取り扱っています。ドラッグストアには文理問わず様々な学部出身の社員が働いており、現場で経験を積んだ後、店長やスーパーバイザーに昇格してマネジメントに取り組んでいるほか、商品部や経営企画室、社長室など会社の管理部門で活躍する者もいます。一方、調剤併設型ドラッグストア店に勤務する薬剤師は「一般用医薬品や健康食品を豊富に取りそろえている」という店舗の利点を生かして、お客様の日々の健康相談にも応じ、予防・治療を力強く支えています。また、キャリアパスも多彩で、本社の管理部門に異動する薬剤師も少なくありません。

■「Smile every day!」―毎日を笑顔で働きながら、理想のキャリアを

これから先も、変わらずに地域のお客様の美と健康、そして薬物治療を支えていく。これが、私たちくすりの福太郎が目指す道です。医薬を専門に学んできた薬剤師も、そうでない一般学部出身者も、すべての社員が毎日を笑顔で働きながら理想のキャリアを築いていけるように―。職能・職種別研修を始め、多彩な研修プログラムを用意して、社員の成長を全力でバックアップしています。

薬剤師は昔から女性の割合が高かったため(女性が6割程度)、女性が正社員・フルタイムで活躍できる環境が確立されています。
そのため、薬剤師は他の職業よりも男女間の収入格差が少なくなっています。

薬剤師が働く薬局やドラッグストア、病院調剤薬局などの医療機関はどこも人手不足で悩んでおり、転職を考えている人にとっては有利な状況が続いています。どこの企業も優秀な薬剤師に来てもらうために、賃金や福利厚生などの労働条件を手厚くしているところが多いようです。
転職にあたっては、数社の面談で安易に決定せずに、自分が「勤務地」「給与」「労働時間」「休日」「やりがい」などの何を重要に考えているのか、しっかり考えて、妥協のない転職活動をおこなうべきです。
地元(通勤30分圏内)での転職を希望するなら、現住所のハローワークや、地元の求人誌などが良いでしょう。また「給与」「労働時間」「休日」「やりがい」などを重視している場合は、比較がしやすい医療系転職サイト、さらにあなたが20代~30代前半なら医療系の転職エージェントを活用するのも手です。
いずれにしても好条件求人を見逃さないように日頃からチェックをして、いざという時にすぐ動ける心構えを持っておくことが重要です。

「ママ薬剤師向け」とういう条件で検索できる唯一のサイト。

薬剤師に大事なもの

一方で、国主導の「医薬分業」推進の結果、大きな成長を遂げた調剤薬局各社ですが、その好調すぎる業績に一部では「儲けすぎではないか」との批判の声もあがっています。「医薬分業」の政策は、「薬局の薬剤師が患者の状態や服用薬を把握し、処方内容をチェックすることにより、複数診療科受診による重複投薬、相互作用の有無の確認や、副作用・期待される効果の継続的な確認ができる」(厚労省)ことを狙いとしたものですが、過去の医師や医療機関による処方箋の乱発や儲けすぎを抑止する意味も多分にありました。利益の行き先が病院から調剤薬局に変わっただけではないか、本来の「かかりつけ薬剤師」の機能を果たせていない、との意見があるのも事実です。人口の4人に一人が65歳以上の高齢者となった現在、厚労省には患者にとって本当にメリットが実感できる薬局の仕組み作りが求められています。
「薬剤師に転職-仕事内容や平均年収・給与、向いている人を解説」 と 「薬剤師の平均給与・ボーナス・年収を年齢別に公開」もご覧下さい。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

医師・歯科医師・薬剤師調査は、名称どおり医師・歯科医師・薬剤師の数や勤務状況などを調べるもので、現在は2年に1度実施されています(2年前の2014年調査の記事はこちら)。現在、鋭意議論されている「医師偏在対策」の重要な基礎資料になります(関連記事はこちらとこちらとこちら)。ここでは医師に焦点を合わせて2016年の調査結果を眺めてみましょう。

調査は、16年12月31日現在の医師、歯科医師、薬剤師が保健所に提出した届出票を集計したもの。

薬剤師数が毎年どの程度推移しているのかをまとめた表です。薬剤指数の調査を開始した昭和30年!(1955年)から現在までの約60年間をみると、昭和30年には約52,000人だったものが、現在では約28万8,000人と6倍弱にまで増えています。昭和30年の日本の人口は約8,900万人、現在が約1億2,000万人なので、日本全体に占める薬剤師の割合は大きくなっています。
この理由は、薬剤師の存在が重要になってきたことはもちろんなのですが、高齢者が増え、薬に対するニーズそのものが増えていること、医薬分業により調剤薬局などが増えていることなどが挙げられます。
では増えている薬剤師はどこで働いているのでしょうか。次に就業場所について解説します。

しかし、業界の再編が進むと、薬剤師を取り巻く環境は少なからず影響を受けます 。

■東京・千葉を中心に、200店舗を超えるドラッグストア・調剤薬局を展開

くすりの福太郎は、美と健康の提供を通して社会に貢献することを「社会使命」とし、地域の皆様の健康で豊かな暮らしづくりをサポートして参りました。単に美と健康に関する商品を提供するのではなく、「モノを売るより、健康を売ろう」という精神により、常に地域のお客様と誠実に向き合いながら、お客様のためにベストなご提案を進めています。

■文理問わず、様々な学部出身者が活躍

くすりの福太郎が運営する店舗は「ドラッグストア専門店」「調剤併設型ドラッグストア店」「調剤専門店」の3形態に大別でき、そのほとんどが東京都23区・千葉県北西部に位置しています。人口が密集している駅前や繁華街及び住宅街に出店している点に、大きな特徴があります。

調剤専門店が医療機関の処方せんを応需し、「患者様の薬物治療を支える」という役割を果たしているのに対して、ドラッグストアは処方せんがなくても購入できる一般用医薬品を始め、健康食品や日用品など、幅広い商品を取り扱っています。ドラッグストアには文理問わず様々な学部出身の社員が働いており、現場で経験を積んだ後、店長やスーパーバイザーに昇格してマネジメントに取り組んでいるほか、商品部や経営企画室、社長室など会社の管理部門で活躍する者もいます。一方、調剤併設型ドラッグストア店に勤務する薬剤師は「一般用医薬品や健康食品を豊富に取りそろえている」という店舗の利点を生かして、お客様の日々の健康相談にも応じ、予防・治療を力強く支えています。また、キャリアパスも多彩で、本社の管理部門に異動する薬剤師も少なくありません。

■「Smile every day!」―毎日を笑顔で働きながら、理想のキャリアを

これから先も、変わらずに地域のお客様の美と健康、そして薬物治療を支えていく。これが、私たちくすりの福太郎が目指す道です。医薬を専門に学んできた薬剤師も、そうでない一般学部出身者も、すべての社員が毎日を笑顔で働きながら理想のキャリアを築いていけるように―。職能・職種別研修を始め、多彩な研修プログラムを用意して、社員の成長を全力でバックアップしています。

薬剤師は昔から女性の割合が高かったため(女性が6割程度)、女性が正社員・フルタイムで活躍できる環境が確立されています。
そのため、薬剤師は他の職業よりも男女間の収入格差が少なくなっています。

薬剤師が働く薬局やドラッグストア、病院調剤薬局などの医療機関はどこも人手不足で悩んでおり、転職を考えている人にとっては有利な状況が続いています。どこの企業も優秀な薬剤師に来てもらうために、賃金や福利厚生などの労働条件を手厚くしているところが多いようです。
転職にあたっては、数社の面談で安易に決定せずに、自分が「勤務地」「給与」「労働時間」「休日」「やりがい」などの何を重要に考えているのか、しっかり考えて、妥協のない転職活動をおこなうべきです。
地元(通勤30分圏内)での転職を希望するなら、現住所のハローワークや、地元の求人誌などが良いでしょう。また「給与」「労働時間」「休日」「やりがい」などを重視している場合は、比較がしやすい医療系転職サイト、さらにあなたが20代~30代前半なら医療系の転職エージェントを活用するのも手です。
いずれにしても好条件求人を見逃さないように日頃からチェックをして、いざという時にすぐ動ける心構えを持っておくことが重要です。

「ママ薬剤師向け」とういう条件で検索できる唯一のサイト。

まとめ

一方で、国主導の「医薬分業」推進の結果、大きな成長を遂げた調剤薬局各社ですが、その好調すぎる業績に一部では「儲けすぎではないか」との批判の声もあがっています。「医薬分業」の政策は、「薬局の薬剤師が患者の状態や服用薬を把握し、処方内容をチェックすることにより、複数診療科受診による重複投薬、相互作用の有無の確認や、副作用・期待される効果の継続的な確認ができる」(厚労省)ことを狙いとしたものですが、過去の医師や医療機関による処方箋の乱発や儲けすぎを抑止する意味も多分にありました。利益の行き先が病院から調剤薬局に変わっただけではないか、本来の「かかりつけ薬剤師」の機能を果たせていない、との意見があるのも事実です。人口の4人に一人が65歳以上の高齢者となった現在、厚労省には患者にとって本当にメリットが実感できる薬局の仕組み作りが求められています。
「薬剤師に転職-仕事内容や平均年収・給与、向いている人を解説」 と 「薬剤師の平均給与・ボーナス・年収を年齢別に公開」もご覧下さい。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

医師・歯科医師・薬剤師調査は、名称どおり医師・歯科医師・薬剤師の数や勤務状況などを調べるもので、現在は2年に1度実施されています(2年前の2014年調査の記事はこちら)。現在、鋭意議論されている「医師偏在対策」の重要な基礎資料になります(関連記事はこちらとこちらとこちら)。ここでは医師に焦点を合わせて2016年の調査結果を眺めてみましょう。

調査は、16年12月31日現在の医師、歯科医師、薬剤師が保健所に提出した届出票を集計したもの。

薬剤師数が毎年どの程度推移しているのかをまとめた表です。薬剤指数の調査を開始した昭和30年!(1955年)から現在までの約60年間をみると、昭和30年には約52,000人だったものが、現在では約28万8,000人と6倍弱にまで増えています。昭和30年の日本の人口は約8,900万人、現在が約1億2,000万人なので、日本全体に占める薬剤師の割合は大きくなっています。
この理由は、薬剤師の存在が重要になってきたことはもちろんなのですが、高齢者が増え、薬に対するニーズそのものが増えていること、医薬分業により調剤薬局などが増えていることなどが挙げられます。
では増えている薬剤師はどこで働いているのでしょうか。次に就業場所について解説します。

しかし、業界の再編が進むと、薬剤師を取り巻く環境は少なからず影響を受けます 。

■東京・千葉を中心に、200店舗を超えるドラッグストア・調剤薬局を展開

くすりの福太郎は、美と健康の提供を通して社会に貢献することを「社会使命」とし、地域の皆様の健康で豊かな暮らしづくりをサポートして参りました。単に美と健康に関する商品を提供するのではなく、「モノを売るより、健康を売ろう」という精神により、常に地域のお客様と誠実に向き合いながら、お客様のためにベストなご提案を進めています。

■文理問わず、様々な学部出身者が活躍

くすりの福太郎が運営する店舗は「ドラッグストア専門店」「調剤併設型ドラッグストア店」「調剤専門店」の3形態に大別でき、そのほとんどが東京都23区・千葉県北西部に位置しています。人口が密集している駅前や繁華街及び住宅街に出店している点に、大きな特徴があります。

調剤専門店が医療機関の処方せんを応需し、「患者様の薬物治療を支える」という役割を果たしているのに対して、ドラッグストアは処方せんがなくても購入できる一般用医薬品を始め、健康食品や日用品など、幅広い商品を取り扱っています。ドラッグストアには文理問わず様々な学部出身の社員が働いており、現場で経験を積んだ後、店長やスーパーバイザーに昇格してマネジメントに取り組んでいるほか、商品部や経営企画室、社長室など会社の管理部門で活躍する者もいます。一方、調剤併設型ドラッグストア店に勤務する薬剤師は「一般用医薬品や健康食品を豊富に取りそろえている」という店舗の利点を生かして、お客様の日々の健康相談にも応じ、予防・治療を力強く支えています。また、キャリアパスも多彩で、本社の管理部門に異動する薬剤師も少なくありません。

■「Smile every day!」―毎日を笑顔で働きながら、理想のキャリアを

これから先も、変わらずに地域のお客様の美と健康、そして薬物治療を支えていく。これが、私たちくすりの福太郎が目指す道です。医薬を専門に学んできた薬剤師も、そうでない一般学部出身者も、すべての社員が毎日を笑顔で働きながら理想のキャリアを築いていけるように―。職能・職種別研修を始め、多彩な研修プログラムを用意して、社員の成長を全力でバックアップしています。

薬剤師は昔から女性の割合が高かったため(女性が6割程度)、女性が正社員・フルタイムで活躍できる環境が確立されています。
そのため、薬剤師は他の職業よりも男女間の収入格差が少なくなっています。

薬剤師が働く薬局やドラッグストア、病院調剤薬局などの医療機関はどこも人手不足で悩んでおり、転職を考えている人にとっては有利な状況が続いています。どこの企業も優秀な薬剤師に来てもらうために、賃金や福利厚生などの労働条件を手厚くしているところが多いようです。
転職にあたっては、数社の面談で安易に決定せずに、自分が「勤務地」「給与」「労働時間」「休日」「やりがい」などの何を重要に考えているのか、しっかり考えて、妥協のない転職活動をおこなうべきです。
地元(通勤30分圏内)での転職を希望するなら、現住所のハローワークや、地元の求人誌などが良いでしょう。また「給与」「労働時間」「休日」「やりがい」などを重視している場合は、比較がしやすい医療系転職サイト、さらにあなたが20代~30代前半なら医療系の転職エージェントを活用するのも手です。
いずれにしても好条件求人を見逃さないように日頃からチェックをして、いざという時にすぐ動ける心構えを持っておくことが重要です。

「ママ薬剤師向け」とういう条件で検索できる唯一のサイト。

タイトルとURLをコピーしました