薬剤師 日 病 薬

この記事は約8分で読めます。

認定薬剤師になるには、特定の単位を取得しなければいけない事と、がん患者に対してのサポート症例を10症例提示する事、JASPO会員である事、指定された認定薬剤師を取得している事などが挙げられます。

薬剤師として5年以上の病院経験と2年以上の周術期関連の実務経験がある事が申請資格の1つになっていて、オペ専属の薬剤師である方が取得しやすい内容になっています。

1年に1回全国各地の薬剤師達が集う学会が、医療薬学会になり、多種多様な情報の宝庫として、それを上手く活用する方法があります。

好生館は「病む人、家族、そして県民のこころに添った最良の医療をめざします。」を基本理念としています。この理念に基づき薬剤部も患者の皆さまのこころに添った質の高い有効で安全な薬物療法を提供するよう努めています。さらに、医療スタッフに対する教育と臨床に即した研究に対応できる薬剤師の育成を目指しています。

日本腎臓病薬物療法学会が認定している、慢性腎不全や透析、腎移植など腎臓の専門知識と薬物治療の質を兼ね備えている認定薬剤師になります。

他の認定薬剤師の症例提出数と比べると、最も少ない症例数になるので、取得を比較的に目指しやすいと言えるでしょう。

本会では、本会規定の研修単位を取得した方に「生涯研修認定証」を発行しています(正会員は、日病薬発行の認定証となります)。対象となる研修会は、「かながわ薬剤師学術大会」をはじめ本会が企画、開催する研修会、グループ研修、自己研修などでも十分取得できます。薬剤師としての資質を向上させ患者に還元できるように本会の「生涯研修認定」の取得を目指しませんか。会員、非会員の制限はありません。詳しくは事務局までお問い合わせください。

また、集合研修は座学のみならず、ビデオ・インターネットなどを用いて実施されるものもあります。
研修会に参加するためには、原則として、予め実施機関への受講申込が必要です。
なお、当センター主催の研修会には、「薬剤師研修支援システム」からお申込いただける研修会もあります。

また本認定制度は、2016年度から薬剤師を対象にした新しい制度であり、今回紹介した認定薬剤師の中で、最も新しい資格 である点も特徴です。

その後に筆記試験が行われるので、抗菌薬TDMのガイドラインや講習会の内容をしっかりと勉強をして試験に挑みます。年によって合格者数にばらつきがありますが、多いと毎年140名前後、少ないと70名前後の薬剤師が抗菌化学療法認定薬剤師の資格を取得しています。

薬剤師として

認定薬剤師になるには、特定の単位を取得しなければいけない事と、がん患者に対してのサポート症例を10症例提示する事、JASPO会員である事、指定された認定薬剤師を取得している事などが挙げられます。

薬剤師として5年以上の病院経験と2年以上の周術期関連の実務経験がある事が申請資格の1つになっていて、オペ専属の薬剤師である方が取得しやすい内容になっています。

1年に1回全国各地の薬剤師達が集う学会が、医療薬学会になり、多種多様な情報の宝庫として、それを上手く活用する方法があります。

好生館は「病む人、家族、そして県民のこころに添った最良の医療をめざします。」を基本理念としています。この理念に基づき薬剤部も患者の皆さまのこころに添った質の高い有効で安全な薬物療法を提供するよう努めています。さらに、医療スタッフに対する教育と臨床に即した研究に対応できる薬剤師の育成を目指しています。

日本腎臓病薬物療法学会が認定している、慢性腎不全や透析、腎移植など腎臓の専門知識と薬物治療の質を兼ね備えている認定薬剤師になります。

他の認定薬剤師の症例提出数と比べると、最も少ない症例数になるので、取得を比較的に目指しやすいと言えるでしょう。

本会では、本会規定の研修単位を取得した方に「生涯研修認定証」を発行しています(正会員は、日病薬発行の認定証となります)。対象となる研修会は、「かながわ薬剤師学術大会」をはじめ本会が企画、開催する研修会、グループ研修、自己研修などでも十分取得できます。薬剤師としての資質を向上させ患者に還元できるように本会の「生涯研修認定」の取得を目指しませんか。会員、非会員の制限はありません。詳しくは事務局までお問い合わせください。

また、集合研修は座学のみならず、ビデオ・インターネットなどを用いて実施されるものもあります。
研修会に参加するためには、原則として、予め実施機関への受講申込が必要です。
なお、当センター主催の研修会には、「薬剤師研修支援システム」からお申込いただける研修会もあります。

また本認定制度は、2016年度から薬剤師を対象にした新しい制度であり、今回紹介した認定薬剤師の中で、最も新しい資格 である点も特徴です。

その後に筆記試験が行われるので、抗菌薬TDMのガイドラインや講習会の内容をしっかりと勉強をして試験に挑みます。年によって合格者数にばらつきがありますが、多いと毎年140名前後、少ないと70名前後の薬剤師が抗菌化学療法認定薬剤師の資格を取得しています。

薬剤師に大事なもの

認定薬剤師になるには、特定の単位を取得しなければいけない事と、がん患者に対してのサポート症例を10症例提示する事、JASPO会員である事、指定された認定薬剤師を取得している事などが挙げられます。

薬剤師として5年以上の病院経験と2年以上の周術期関連の実務経験がある事が申請資格の1つになっていて、オペ専属の薬剤師である方が取得しやすい内容になっています。

1年に1回全国各地の薬剤師達が集う学会が、医療薬学会になり、多種多様な情報の宝庫として、それを上手く活用する方法があります。

好生館は「病む人、家族、そして県民のこころに添った最良の医療をめざします。」を基本理念としています。この理念に基づき薬剤部も患者の皆さまのこころに添った質の高い有効で安全な薬物療法を提供するよう努めています。さらに、医療スタッフに対する教育と臨床に即した研究に対応できる薬剤師の育成を目指しています。

日本腎臓病薬物療法学会が認定している、慢性腎不全や透析、腎移植など腎臓の専門知識と薬物治療の質を兼ね備えている認定薬剤師になります。

他の認定薬剤師の症例提出数と比べると、最も少ない症例数になるので、取得を比較的に目指しやすいと言えるでしょう。

本会では、本会規定の研修単位を取得した方に「生涯研修認定証」を発行しています(正会員は、日病薬発行の認定証となります)。対象となる研修会は、「かながわ薬剤師学術大会」をはじめ本会が企画、開催する研修会、グループ研修、自己研修などでも十分取得できます。薬剤師としての資質を向上させ患者に還元できるように本会の「生涯研修認定」の取得を目指しませんか。会員、非会員の制限はありません。詳しくは事務局までお問い合わせください。

また、集合研修は座学のみならず、ビデオ・インターネットなどを用いて実施されるものもあります。
研修会に参加するためには、原則として、予め実施機関への受講申込が必要です。
なお、当センター主催の研修会には、「薬剤師研修支援システム」からお申込いただける研修会もあります。

また本認定制度は、2016年度から薬剤師を対象にした新しい制度であり、今回紹介した認定薬剤師の中で、最も新しい資格 である点も特徴です。

その後に筆記試験が行われるので、抗菌薬TDMのガイドラインや講習会の内容をしっかりと勉強をして試験に挑みます。年によって合格者数にばらつきがありますが、多いと毎年140名前後、少ないと70名前後の薬剤師が抗菌化学療法認定薬剤師の資格を取得しています。

まとめ

認定薬剤師になるには、特定の単位を取得しなければいけない事と、がん患者に対してのサポート症例を10症例提示する事、JASPO会員である事、指定された認定薬剤師を取得している事などが挙げられます。

薬剤師として5年以上の病院経験と2年以上の周術期関連の実務経験がある事が申請資格の1つになっていて、オペ専属の薬剤師である方が取得しやすい内容になっています。

1年に1回全国各地の薬剤師達が集う学会が、医療薬学会になり、多種多様な情報の宝庫として、それを上手く活用する方法があります。

好生館は「病む人、家族、そして県民のこころに添った最良の医療をめざします。」を基本理念としています。この理念に基づき薬剤部も患者の皆さまのこころに添った質の高い有効で安全な薬物療法を提供するよう努めています。さらに、医療スタッフに対する教育と臨床に即した研究に対応できる薬剤師の育成を目指しています。

日本腎臓病薬物療法学会が認定している、慢性腎不全や透析、腎移植など腎臓の専門知識と薬物治療の質を兼ね備えている認定薬剤師になります。

他の認定薬剤師の症例提出数と比べると、最も少ない症例数になるので、取得を比較的に目指しやすいと言えるでしょう。

本会では、本会規定の研修単位を取得した方に「生涯研修認定証」を発行しています(正会員は、日病薬発行の認定証となります)。対象となる研修会は、「かながわ薬剤師学術大会」をはじめ本会が企画、開催する研修会、グループ研修、自己研修などでも十分取得できます。薬剤師としての資質を向上させ患者に還元できるように本会の「生涯研修認定」の取得を目指しませんか。会員、非会員の制限はありません。詳しくは事務局までお問い合わせください。

また、集合研修は座学のみならず、ビデオ・インターネットなどを用いて実施されるものもあります。
研修会に参加するためには、原則として、予め実施機関への受講申込が必要です。
なお、当センター主催の研修会には、「薬剤師研修支援システム」からお申込いただける研修会もあります。

また本認定制度は、2016年度から薬剤師を対象にした新しい制度であり、今回紹介した認定薬剤師の中で、最も新しい資格 である点も特徴です。

その後に筆記試験が行われるので、抗菌薬TDMのガイドラインや講習会の内容をしっかりと勉強をして試験に挑みます。年によって合格者数にばらつきがありますが、多いと毎年140名前後、少ないと70名前後の薬剤師が抗菌化学療法認定薬剤師の資格を取得しています。

タイトルとURLをコピーしました