専門薬剤師・認定薬剤師取得後は各種手当を支給します

この記事は約16分で読めます。

「eお薬さん」の採用は、服薬コンプライアンスの改善以外の効果ももたらす結果になった。
「患者さんと一緒に薬を機器にセットする際に説明することで、本人の薬に対する理解や関心の深まりを感じました。また、薬を間違えずに飲むだけでなく、毎朝自ら血圧を測定し、訪問時には記録を提示するなど、日常生活にも前向きな行動が見受けられるようになりました」と「eお薬さん」による波及的効果を済藤氏は指摘した。服薬時間を知らせる音声も好み通りに選択できるので、患者さんが「優しい女性の声が聞けて楽しい」との反応もあったとのこと。一種のコミュニケーション効果も生まれた様子だ。
また、「eお薬さん」には通信による見守り機能が搭載されており、専用クラウドを通じて服薬情報の共有、記録の閲覧、メッセージの送信が可能であることから、「ケアマネージャーと患者さんの成年後見人、そして薬剤師の3者がデータを共有し、連携が取りやすくなった」ことも在宅管理の質向上につながっている。

入職後まずは数週間のローテーションで全店舗での研修をしていきます。
各店舗にて様々な手技が存在しそれを先輩薬剤師より学びます。
その後、店舗を固定しその店舗におけるマスターになってもらいます。
また、社会人としての基本も持ってもらうためマナー研修なども実施していきます。
自己研鑽に関しては、e-ラーニングにおいて補助があり、また学会参加にも補助を行います。
常に最先端の知識を習得していくことを基本としていますので向上心をもっている方には最適と思います。
専門薬剤師・認定薬剤師取得後は各種手当を支給します。

わかくさ薬局グループには、近隣の学校を受け持つ、学校薬剤師が何人もおります。学校薬剤師の仕事は、養護教諭の先生と協力し、学校の保健衛生を守ることにあります。

「船橋市には、多職種連携のために設立された『船橋在宅医療ひまわりネットワーク』もあり、連携が進んでいる地域だと思いますが、私は自分の足で動き回り、色々な医療従事者の方と話をして顔の見える関係をつくることを大切にしてきました。必然的に色々な情報が集まり、その情報を現場で医師や看護師さんら多職種の方に提供したり、いただいた質問にお答えする中で、徐々に信頼を得て、薬剤師の役割を認めていただけるようになっていきました」。

APEXグループは、東京・品川区内に4店舗、葛飾区2店舗、フランチャイズ2店舗を展開する地域密着型チェーン。「店頭」から「地域」へをモットーに、地域の医療・健康のトータルサポート薬局としてその存在感はますます高まっている。
今回取材にご協力いただいた青横ファーマシー薬局大井町店は、開設から9年目を迎え、同グループ内では一番新しい店舗。京浜東北線、りんかい線大井町駅から徒歩5分に立地し、1か月応需診療科数は近隣の内科、皮膚科、眼科などのクリニックを中心に50(40医療機関)で、常勤薬剤師数5人の面展開型薬局だ。「やさしいおくすりやさん」として、患者目線の薬剤業務を実践し、処方箋調剤だけでなく、OTC展開にも積極的に取り組んでいる。
日本薬剤師会学術大会でポスター発表した同店の管理薬剤師(教育担当)済藤美香氏は、現在10人の在宅患者を担当している。在宅業務は済藤氏を含めて3人の薬剤師と2人の管理栄養士の5人体制となっている。現在在宅業務を行っているのは、入所者30人の老人施設(グループホーム)と個人宅10軒。
地域活動にも取り組んでおり、老人施設や大井町地区の在宅介護支援センター、店舗などで管理栄養士と連携した健康教室などをそれぞれ月1回程度開催している。

いとう薬局は、愛知県内に5店舗を展開する「地域密着型の保険薬局」です。地域の皆様のニーズに応え、薬剤師職能を発揮して様々な分野で活動しています。

わかくさ薬局グループでは、指導薬剤師も多く、6年制薬学生の実務実習を受け入れております。静岡では、主に静岡県立大学の学生が実務実習に来られます。

「在宅訪問のできる薬局」の薬剤師は、医師の指示のもと、医療・介護保険制度を利用して、在宅医療を受けておられたり、通院が困難な患者さまのお宅へお伺いして、お薬の説明や管理、飲み方のご指導など、「薬の専門家」として療養や治療のお手伝いをさせていただきます(介護保険の利用限度額には含まれません)。
地域や条件から「在宅訪問のできる薬局」を検索できますので、薬局選びのご参考にご利用ください。

私たち薬剤師も薬の効果・副作用のチェックを行ってそれらに参画することが求められています。そのための手法として、このバイタルサインがあるのです。さらに私たちはこれらを行うことによって、患者さまとの信頼関係にも努めていきたいと考えています。

『健康介護まちかど相談薬局』とは、地域の皆さまの医療・福祉・介護・健康に関する疑問や質問を受け付ける薬局です。これは、長年地域に愛されてきた「薬局」を通じて、医療・福祉・健康に関する情報を提供し、また、介護保険等に関する質問や意見、苦情を受け付け、各関係機関に相談内容をお伝えする「つなぎ役」としての役割を積極的に果たしていこう、と考えております。研修会に参加した薬剤師のいる薬局に「まちかど相談薬局」のポスターを掲げております。相談苦情受付に当たっては法的に守秘義務のある薬剤師が担当しておりますので、相談者のプライバシーの保護、相談で知り得た内容は保護されます。県民の皆さまが、安心して、健康な生活を送れるように、私たち「まちかど相談薬局」が応援して参ります。お気軽にご相談ください。

薬剤師として

「eお薬さん」の採用は、服薬コンプライアンスの改善以外の効果ももたらす結果になった。
「患者さんと一緒に薬を機器にセットする際に説明することで、本人の薬に対する理解や関心の深まりを感じました。また、薬を間違えずに飲むだけでなく、毎朝自ら血圧を測定し、訪問時には記録を提示するなど、日常生活にも前向きな行動が見受けられるようになりました」と「eお薬さん」による波及的効果を済藤氏は指摘した。服薬時間を知らせる音声も好み通りに選択できるので、患者さんが「優しい女性の声が聞けて楽しい」との反応もあったとのこと。一種のコミュニケーション効果も生まれた様子だ。
また、「eお薬さん」には通信による見守り機能が搭載されており、専用クラウドを通じて服薬情報の共有、記録の閲覧、メッセージの送信が可能であることから、「ケアマネージャーと患者さんの成年後見人、そして薬剤師の3者がデータを共有し、連携が取りやすくなった」ことも在宅管理の質向上につながっている。

入職後まずは数週間のローテーションで全店舗での研修をしていきます。
各店舗にて様々な手技が存在しそれを先輩薬剤師より学びます。
その後、店舗を固定しその店舗におけるマスターになってもらいます。
また、社会人としての基本も持ってもらうためマナー研修なども実施していきます。
自己研鑽に関しては、e-ラーニングにおいて補助があり、また学会参加にも補助を行います。
常に最先端の知識を習得していくことを基本としていますので向上心をもっている方には最適と思います。
専門薬剤師・認定薬剤師取得後は各種手当を支給します。

わかくさ薬局グループには、近隣の学校を受け持つ、学校薬剤師が何人もおります。学校薬剤師の仕事は、養護教諭の先生と協力し、学校の保健衛生を守ることにあります。

「船橋市には、多職種連携のために設立された『船橋在宅医療ひまわりネットワーク』もあり、連携が進んでいる地域だと思いますが、私は自分の足で動き回り、色々な医療従事者の方と話をして顔の見える関係をつくることを大切にしてきました。必然的に色々な情報が集まり、その情報を現場で医師や看護師さんら多職種の方に提供したり、いただいた質問にお答えする中で、徐々に信頼を得て、薬剤師の役割を認めていただけるようになっていきました」。

APEXグループは、東京・品川区内に4店舗、葛飾区2店舗、フランチャイズ2店舗を展開する地域密着型チェーン。「店頭」から「地域」へをモットーに、地域の医療・健康のトータルサポート薬局としてその存在感はますます高まっている。
今回取材にご協力いただいた青横ファーマシー薬局大井町店は、開設から9年目を迎え、同グループ内では一番新しい店舗。京浜東北線、りんかい線大井町駅から徒歩5分に立地し、1か月応需診療科数は近隣の内科、皮膚科、眼科などのクリニックを中心に50(40医療機関)で、常勤薬剤師数5人の面展開型薬局だ。「やさしいおくすりやさん」として、患者目線の薬剤業務を実践し、処方箋調剤だけでなく、OTC展開にも積極的に取り組んでいる。
日本薬剤師会学術大会でポスター発表した同店の管理薬剤師(教育担当)済藤美香氏は、現在10人の在宅患者を担当している。在宅業務は済藤氏を含めて3人の薬剤師と2人の管理栄養士の5人体制となっている。現在在宅業務を行っているのは、入所者30人の老人施設(グループホーム)と個人宅10軒。
地域活動にも取り組んでおり、老人施設や大井町地区の在宅介護支援センター、店舗などで管理栄養士と連携した健康教室などをそれぞれ月1回程度開催している。

いとう薬局は、愛知県内に5店舗を展開する「地域密着型の保険薬局」です。地域の皆様のニーズに応え、薬剤師職能を発揮して様々な分野で活動しています。

わかくさ薬局グループでは、指導薬剤師も多く、6年制薬学生の実務実習を受け入れております。静岡では、主に静岡県立大学の学生が実務実習に来られます。

「在宅訪問のできる薬局」の薬剤師は、医師の指示のもと、医療・介護保険制度を利用して、在宅医療を受けておられたり、通院が困難な患者さまのお宅へお伺いして、お薬の説明や管理、飲み方のご指導など、「薬の専門家」として療養や治療のお手伝いをさせていただきます(介護保険の利用限度額には含まれません)。
地域や条件から「在宅訪問のできる薬局」を検索できますので、薬局選びのご参考にご利用ください。

私たち薬剤師も薬の効果・副作用のチェックを行ってそれらに参画することが求められています。そのための手法として、このバイタルサインがあるのです。さらに私たちはこれらを行うことによって、患者さまとの信頼関係にも努めていきたいと考えています。

『健康介護まちかど相談薬局』とは、地域の皆さまの医療・福祉・介護・健康に関する疑問や質問を受け付ける薬局です。これは、長年地域に愛されてきた「薬局」を通じて、医療・福祉・健康に関する情報を提供し、また、介護保険等に関する質問や意見、苦情を受け付け、各関係機関に相談内容をお伝えする「つなぎ役」としての役割を積極的に果たしていこう、と考えております。研修会に参加した薬剤師のいる薬局に「まちかど相談薬局」のポスターを掲げております。相談苦情受付に当たっては法的に守秘義務のある薬剤師が担当しておりますので、相談者のプライバシーの保護、相談で知り得た内容は保護されます。県民の皆さまが、安心して、健康な生活を送れるように、私たち「まちかど相談薬局」が応援して参ります。お気軽にご相談ください。

薬剤師に大事なもの

「eお薬さん」の採用は、服薬コンプライアンスの改善以外の効果ももたらす結果になった。
「患者さんと一緒に薬を機器にセットする際に説明することで、本人の薬に対する理解や関心の深まりを感じました。また、薬を間違えずに飲むだけでなく、毎朝自ら血圧を測定し、訪問時には記録を提示するなど、日常生活にも前向きな行動が見受けられるようになりました」と「eお薬さん」による波及的効果を済藤氏は指摘した。服薬時間を知らせる音声も好み通りに選択できるので、患者さんが「優しい女性の声が聞けて楽しい」との反応もあったとのこと。一種のコミュニケーション効果も生まれた様子だ。
また、「eお薬さん」には通信による見守り機能が搭載されており、専用クラウドを通じて服薬情報の共有、記録の閲覧、メッセージの送信が可能であることから、「ケアマネージャーと患者さんの成年後見人、そして薬剤師の3者がデータを共有し、連携が取りやすくなった」ことも在宅管理の質向上につながっている。

入職後まずは数週間のローテーションで全店舗での研修をしていきます。
各店舗にて様々な手技が存在しそれを先輩薬剤師より学びます。
その後、店舗を固定しその店舗におけるマスターになってもらいます。
また、社会人としての基本も持ってもらうためマナー研修なども実施していきます。
自己研鑽に関しては、e-ラーニングにおいて補助があり、また学会参加にも補助を行います。
常に最先端の知識を習得していくことを基本としていますので向上心をもっている方には最適と思います。
専門薬剤師・認定薬剤師取得後は各種手当を支給します。

わかくさ薬局グループには、近隣の学校を受け持つ、学校薬剤師が何人もおります。学校薬剤師の仕事は、養護教諭の先生と協力し、学校の保健衛生を守ることにあります。

「船橋市には、多職種連携のために設立された『船橋在宅医療ひまわりネットワーク』もあり、連携が進んでいる地域だと思いますが、私は自分の足で動き回り、色々な医療従事者の方と話をして顔の見える関係をつくることを大切にしてきました。必然的に色々な情報が集まり、その情報を現場で医師や看護師さんら多職種の方に提供したり、いただいた質問にお答えする中で、徐々に信頼を得て、薬剤師の役割を認めていただけるようになっていきました」。

APEXグループは、東京・品川区内に4店舗、葛飾区2店舗、フランチャイズ2店舗を展開する地域密着型チェーン。「店頭」から「地域」へをモットーに、地域の医療・健康のトータルサポート薬局としてその存在感はますます高まっている。
今回取材にご協力いただいた青横ファーマシー薬局大井町店は、開設から9年目を迎え、同グループ内では一番新しい店舗。京浜東北線、りんかい線大井町駅から徒歩5分に立地し、1か月応需診療科数は近隣の内科、皮膚科、眼科などのクリニックを中心に50(40医療機関)で、常勤薬剤師数5人の面展開型薬局だ。「やさしいおくすりやさん」として、患者目線の薬剤業務を実践し、処方箋調剤だけでなく、OTC展開にも積極的に取り組んでいる。
日本薬剤師会学術大会でポスター発表した同店の管理薬剤師(教育担当)済藤美香氏は、現在10人の在宅患者を担当している。在宅業務は済藤氏を含めて3人の薬剤師と2人の管理栄養士の5人体制となっている。現在在宅業務を行っているのは、入所者30人の老人施設(グループホーム)と個人宅10軒。
地域活動にも取り組んでおり、老人施設や大井町地区の在宅介護支援センター、店舗などで管理栄養士と連携した健康教室などをそれぞれ月1回程度開催している。

いとう薬局は、愛知県内に5店舗を展開する「地域密着型の保険薬局」です。地域の皆様のニーズに応え、薬剤師職能を発揮して様々な分野で活動しています。

わかくさ薬局グループでは、指導薬剤師も多く、6年制薬学生の実務実習を受け入れております。静岡では、主に静岡県立大学の学生が実務実習に来られます。

「在宅訪問のできる薬局」の薬剤師は、医師の指示のもと、医療・介護保険制度を利用して、在宅医療を受けておられたり、通院が困難な患者さまのお宅へお伺いして、お薬の説明や管理、飲み方のご指導など、「薬の専門家」として療養や治療のお手伝いをさせていただきます(介護保険の利用限度額には含まれません)。
地域や条件から「在宅訪問のできる薬局」を検索できますので、薬局選びのご参考にご利用ください。

私たち薬剤師も薬の効果・副作用のチェックを行ってそれらに参画することが求められています。そのための手法として、このバイタルサインがあるのです。さらに私たちはこれらを行うことによって、患者さまとの信頼関係にも努めていきたいと考えています。

『健康介護まちかど相談薬局』とは、地域の皆さまの医療・福祉・介護・健康に関する疑問や質問を受け付ける薬局です。これは、長年地域に愛されてきた「薬局」を通じて、医療・福祉・健康に関する情報を提供し、また、介護保険等に関する質問や意見、苦情を受け付け、各関係機関に相談内容をお伝えする「つなぎ役」としての役割を積極的に果たしていこう、と考えております。研修会に参加した薬剤師のいる薬局に「まちかど相談薬局」のポスターを掲げております。相談苦情受付に当たっては法的に守秘義務のある薬剤師が担当しておりますので、相談者のプライバシーの保護、相談で知り得た内容は保護されます。県民の皆さまが、安心して、健康な生活を送れるように、私たち「まちかど相談薬局」が応援して参ります。お気軽にご相談ください。

まとめ

「eお薬さん」の採用は、服薬コンプライアンスの改善以外の効果ももたらす結果になった。
「患者さんと一緒に薬を機器にセットする際に説明することで、本人の薬に対する理解や関心の深まりを感じました。また、薬を間違えずに飲むだけでなく、毎朝自ら血圧を測定し、訪問時には記録を提示するなど、日常生活にも前向きな行動が見受けられるようになりました」と「eお薬さん」による波及的効果を済藤氏は指摘した。服薬時間を知らせる音声も好み通りに選択できるので、患者さんが「優しい女性の声が聞けて楽しい」との反応もあったとのこと。一種のコミュニケーション効果も生まれた様子だ。
また、「eお薬さん」には通信による見守り機能が搭載されており、専用クラウドを通じて服薬情報の共有、記録の閲覧、メッセージの送信が可能であることから、「ケアマネージャーと患者さんの成年後見人、そして薬剤師の3者がデータを共有し、連携が取りやすくなった」ことも在宅管理の質向上につながっている。

入職後まずは数週間のローテーションで全店舗での研修をしていきます。
各店舗にて様々な手技が存在しそれを先輩薬剤師より学びます。
その後、店舗を固定しその店舗におけるマスターになってもらいます。
また、社会人としての基本も持ってもらうためマナー研修なども実施していきます。
自己研鑽に関しては、e-ラーニングにおいて補助があり、また学会参加にも補助を行います。
常に最先端の知識を習得していくことを基本としていますので向上心をもっている方には最適と思います。
専門薬剤師・認定薬剤師取得後は各種手当を支給します。

わかくさ薬局グループには、近隣の学校を受け持つ、学校薬剤師が何人もおります。学校薬剤師の仕事は、養護教諭の先生と協力し、学校の保健衛生を守ることにあります。

「船橋市には、多職種連携のために設立された『船橋在宅医療ひまわりネットワーク』もあり、連携が進んでいる地域だと思いますが、私は自分の足で動き回り、色々な医療従事者の方と話をして顔の見える関係をつくることを大切にしてきました。必然的に色々な情報が集まり、その情報を現場で医師や看護師さんら多職種の方に提供したり、いただいた質問にお答えする中で、徐々に信頼を得て、薬剤師の役割を認めていただけるようになっていきました」。

APEXグループは、東京・品川区内に4店舗、葛飾区2店舗、フランチャイズ2店舗を展開する地域密着型チェーン。「店頭」から「地域」へをモットーに、地域の医療・健康のトータルサポート薬局としてその存在感はますます高まっている。
今回取材にご協力いただいた青横ファーマシー薬局大井町店は、開設から9年目を迎え、同グループ内では一番新しい店舗。京浜東北線、りんかい線大井町駅から徒歩5分に立地し、1か月応需診療科数は近隣の内科、皮膚科、眼科などのクリニックを中心に50(40医療機関)で、常勤薬剤師数5人の面展開型薬局だ。「やさしいおくすりやさん」として、患者目線の薬剤業務を実践し、処方箋調剤だけでなく、OTC展開にも積極的に取り組んでいる。
日本薬剤師会学術大会でポスター発表した同店の管理薬剤師(教育担当)済藤美香氏は、現在10人の在宅患者を担当している。在宅業務は済藤氏を含めて3人の薬剤師と2人の管理栄養士の5人体制となっている。現在在宅業務を行っているのは、入所者30人の老人施設(グループホーム)と個人宅10軒。
地域活動にも取り組んでおり、老人施設や大井町地区の在宅介護支援センター、店舗などで管理栄養士と連携した健康教室などをそれぞれ月1回程度開催している。

いとう薬局は、愛知県内に5店舗を展開する「地域密着型の保険薬局」です。地域の皆様のニーズに応え、薬剤師職能を発揮して様々な分野で活動しています。

わかくさ薬局グループでは、指導薬剤師も多く、6年制薬学生の実務実習を受け入れております。静岡では、主に静岡県立大学の学生が実務実習に来られます。

「在宅訪問のできる薬局」の薬剤師は、医師の指示のもと、医療・介護保険制度を利用して、在宅医療を受けておられたり、通院が困難な患者さまのお宅へお伺いして、お薬の説明や管理、飲み方のご指導など、「薬の専門家」として療養や治療のお手伝いをさせていただきます(介護保険の利用限度額には含まれません)。
地域や条件から「在宅訪問のできる薬局」を検索できますので、薬局選びのご参考にご利用ください。

私たち薬剤師も薬の効果・副作用のチェックを行ってそれらに参画することが求められています。そのための手法として、このバイタルサインがあるのです。さらに私たちはこれらを行うことによって、患者さまとの信頼関係にも努めていきたいと考えています。

『健康介護まちかど相談薬局』とは、地域の皆さまの医療・福祉・介護・健康に関する疑問や質問を受け付ける薬局です。これは、長年地域に愛されてきた「薬局」を通じて、医療・福祉・健康に関する情報を提供し、また、介護保険等に関する質問や意見、苦情を受け付け、各関係機関に相談内容をお伝えする「つなぎ役」としての役割を積極的に果たしていこう、と考えております。研修会に参加した薬剤師のいる薬局に「まちかど相談薬局」のポスターを掲げております。相談苦情受付に当たっては法的に守秘義務のある薬剤師が担当しておりますので、相談者のプライバシーの保護、相談で知り得た内容は保護されます。県民の皆さまが、安心して、健康な生活を送れるように、私たち「まちかど相談薬局」が応援して参ります。お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました