次いで 調剤薬局勤務の薬剤師です

この記事は約15分で読めます。

現在、転職を考えている薬剤師のみなさん。「年収は良さそうだけど、お休みがとりにくそう」といった理由で、転職先の候補からドラッグストアを除外したりしていませんか?
今回リクナビ薬剤師では、ドラッグストアで働いている人を含む薬剤師940人に対してアンケートを実施。現役のドラッグストア勤務薬剤師の本音を聞きました。

ドラッグストアでは新卒採用に力を入れた結果、人材が豊富となり、シフトの融通がきく体制 になってきています。
また、人材が豊富になった結果として、1人薬剤師率が減少し、2人体制のドラッグストアが増えてきた ため、急なお休みにも対応しやすくなっているのです。
そして、休みを取得しやすい制度を社内規定として整えた ことも大きいです。例えば、お子さんが3歳になるまで育児休暇が取得できたり、小学校の高学年まで時短勤務を利用できたりする企業もあります。会社によっては、育児休暇の取得率が90%を超えるなど、希望する方がしっかり取得できる環境も整っています。

一方、自分たちの職場の休みづらさに関してはどのように思っているのでしょうか。
職場ごとに「年間の休暇」についても答えてもらいました。下記のグラフになりますが、病院勤務の薬剤師がもっとも「年間の休暇が少ない」と思っています。 次いで、調剤薬局勤務の薬剤師です。比較して、ドラッグストア勤務の薬剤師は、「年間の休暇は多い」ほうだと 思っているようです。
つまり、ドラッグストアは、他業種の薬剤師が思っているほど、忙しくて休みづらい職場ではなく、休みをとりやすい環境をもつ職場である と言えそうです。

○  仕事をする上での責任感
医薬品を扱う以上、お客さまの健康を預かる仕事なので、間違ったことは言えないと思っています。ウエルシア薬局の店舗には調剤薬局併設型が多いですから、身近に薬剤師がいる環境が整っています。医薬品のことでわからないことがあったら、すぐに薬剤師に相談しています。
商品についてわからないことがあったり、疑問があったり、お客さまの質問にうまく答えられなかった時なども、まず薬剤師に相談します。ちゃんと確認できれば、次のお客さまに自信を持ってお答えできます。
もちろん会社の研修などでも勉強できるのですが、私は常に登録販売者試験を受験した時のテキストを手元に置いています。何度も読み返して確認し、調べています。
登録販売者だからといって、なにもかも一人で対応しないといけないわけではありません。薬剤師は医薬品の専門家ですから、常に薬剤師とのコミュニケーションも大事にしています。

ドラッグストアへの転職を考えている薬剤師が最も知りたいこと、それは実際に現場で働いている薬剤師の声ではないでしょうか。そこで、ドラッグストア勤務薬剤師に、ドラッグストア勤務のメリットとデメリットについて聞いてみました。

ドラッグストアは給与に恵まれており、高年収という背景があるためか、ドラッグストア勤務薬剤師に対して「給与に対する満足度」をきくと、調剤併設では約67%、OTCのみでは約45%の方が現在の給与に満足しているという結果が得られました。
一方ほかの業種に従事する薬剤師に給与の満足度をきくと、現在の給与に満足していると回答した割合は、病院薬剤師では約43%、調剤薬局薬剤師では約62%という結果が得られました。
以上の結果から、病院との比較では、調剤併設ドラッグストア、OTCのみのドラッグストアともに満足度が上回っており 、調剤薬局との比較では、OTCでは満足度が下回っていたものの、調剤併設は同等であることが分かりました。

約1700店舗のドラッグストアを展開するウエルシアのパート・アルバイトスタッフ求人ページへようこそ! ウエルシアでは、登録販売者・販売スタッフ・ビューティアドバイザー・薬剤師・調剤事務・夜間店舗責任者を積極採用中です!

クリエイトの薬剤師・栄養士が地域の皆様の健康を支えます
健康相談会・ベビー相談会など各種相談会はこちらからご確認ください。

ドラッグストアにおける品出しなどは、必ずしも薬剤師の日常業務に組み込まれているわけではなく、会社の方針によります。 ご自分の希望する業務内容、今後のキャリアを考えて、会社の方針とよくすり合わせたうえで就業先を選べば、「雑務」にとらわれることはありません。
ドラッグストア勤務を希望しており、かつ調剤に専念したいのであれば「調剤専門」スタッフとして就業するという選択肢もある ので、ご自身の希望をキャリアアドバイザーにご相談ください。接客やポップの作成など、業務を負担に感じる薬剤師さんがいる一方で、ポップ作りが楽しくやりがいを感じるとおっしゃる方もいます。なかには本社のプライベートブランドの開発に関わる機会に恵まれ、活き活きとドラッグストアで活躍している薬剤師さんもいらっしゃいます。

そんなイメージを持つ薬剤師は多いのではないでしょうか。リクナビ薬剤師がアンケートを実施したところ、ドラッグストアで働いている薬剤師の、およそ3割が「ドラッグストアは高年収」 というイメージを持っていることがわかりました。
では現実はどうなのでしょうか。ドラッグストア勤務の薬剤師は、全国の薬剤師の平均年収と比べて高年収だと言えるのかどうかを見てみましょう。

薬剤師として

現在、転職を考えている薬剤師のみなさん。「年収は良さそうだけど、お休みがとりにくそう」といった理由で、転職先の候補からドラッグストアを除外したりしていませんか?
今回リクナビ薬剤師では、ドラッグストアで働いている人を含む薬剤師940人に対してアンケートを実施。現役のドラッグストア勤務薬剤師の本音を聞きました。

ドラッグストアでは新卒採用に力を入れた結果、人材が豊富となり、シフトの融通がきく体制 になってきています。
また、人材が豊富になった結果として、1人薬剤師率が減少し、2人体制のドラッグストアが増えてきた ため、急なお休みにも対応しやすくなっているのです。
そして、休みを取得しやすい制度を社内規定として整えた ことも大きいです。例えば、お子さんが3歳になるまで育児休暇が取得できたり、小学校の高学年まで時短勤務を利用できたりする企業もあります。会社によっては、育児休暇の取得率が90%を超えるなど、希望する方がしっかり取得できる環境も整っています。

一方、自分たちの職場の休みづらさに関してはどのように思っているのでしょうか。
職場ごとに「年間の休暇」についても答えてもらいました。下記のグラフになりますが、病院勤務の薬剤師がもっとも「年間の休暇が少ない」と思っています。 次いで、調剤薬局勤務の薬剤師です。比較して、ドラッグストア勤務の薬剤師は、「年間の休暇は多い」ほうだと 思っているようです。
つまり、ドラッグストアは、他業種の薬剤師が思っているほど、忙しくて休みづらい職場ではなく、休みをとりやすい環境をもつ職場である と言えそうです。

○  仕事をする上での責任感
医薬品を扱う以上、お客さまの健康を預かる仕事なので、間違ったことは言えないと思っています。ウエルシア薬局の店舗には調剤薬局併設型が多いですから、身近に薬剤師がいる環境が整っています。医薬品のことでわからないことがあったら、すぐに薬剤師に相談しています。
商品についてわからないことがあったり、疑問があったり、お客さまの質問にうまく答えられなかった時なども、まず薬剤師に相談します。ちゃんと確認できれば、次のお客さまに自信を持ってお答えできます。
もちろん会社の研修などでも勉強できるのですが、私は常に登録販売者試験を受験した時のテキストを手元に置いています。何度も読み返して確認し、調べています。
登録販売者だからといって、なにもかも一人で対応しないといけないわけではありません。薬剤師は医薬品の専門家ですから、常に薬剤師とのコミュニケーションも大事にしています。

ドラッグストアへの転職を考えている薬剤師が最も知りたいこと、それは実際に現場で働いている薬剤師の声ではないでしょうか。そこで、ドラッグストア勤務薬剤師に、ドラッグストア勤務のメリットとデメリットについて聞いてみました。

ドラッグストアは給与に恵まれており、高年収という背景があるためか、ドラッグストア勤務薬剤師に対して「給与に対する満足度」をきくと、調剤併設では約67%、OTCのみでは約45%の方が現在の給与に満足しているという結果が得られました。
一方ほかの業種に従事する薬剤師に給与の満足度をきくと、現在の給与に満足していると回答した割合は、病院薬剤師では約43%、調剤薬局薬剤師では約62%という結果が得られました。
以上の結果から、病院との比較では、調剤併設ドラッグストア、OTCのみのドラッグストアともに満足度が上回っており 、調剤薬局との比較では、OTCでは満足度が下回っていたものの、調剤併設は同等であることが分かりました。

約1700店舗のドラッグストアを展開するウエルシアのパート・アルバイトスタッフ求人ページへようこそ! ウエルシアでは、登録販売者・販売スタッフ・ビューティアドバイザー・薬剤師・調剤事務・夜間店舗責任者を積極採用中です!

クリエイトの薬剤師・栄養士が地域の皆様の健康を支えます
健康相談会・ベビー相談会など各種相談会はこちらからご確認ください。

ドラッグストアにおける品出しなどは、必ずしも薬剤師の日常業務に組み込まれているわけではなく、会社の方針によります。 ご自分の希望する業務内容、今後のキャリアを考えて、会社の方針とよくすり合わせたうえで就業先を選べば、「雑務」にとらわれることはありません。
ドラッグストア勤務を希望しており、かつ調剤に専念したいのであれば「調剤専門」スタッフとして就業するという選択肢もある ので、ご自身の希望をキャリアアドバイザーにご相談ください。接客やポップの作成など、業務を負担に感じる薬剤師さんがいる一方で、ポップ作りが楽しくやりがいを感じるとおっしゃる方もいます。なかには本社のプライベートブランドの開発に関わる機会に恵まれ、活き活きとドラッグストアで活躍している薬剤師さんもいらっしゃいます。

そんなイメージを持つ薬剤師は多いのではないでしょうか。リクナビ薬剤師がアンケートを実施したところ、ドラッグストアで働いている薬剤師の、およそ3割が「ドラッグストアは高年収」 というイメージを持っていることがわかりました。
では現実はどうなのでしょうか。ドラッグストア勤務の薬剤師は、全国の薬剤師の平均年収と比べて高年収だと言えるのかどうかを見てみましょう。

薬剤師に大事なもの

現在、転職を考えている薬剤師のみなさん。「年収は良さそうだけど、お休みがとりにくそう」といった理由で、転職先の候補からドラッグストアを除外したりしていませんか?
今回リクナビ薬剤師では、ドラッグストアで働いている人を含む薬剤師940人に対してアンケートを実施。現役のドラッグストア勤務薬剤師の本音を聞きました。

ドラッグストアでは新卒採用に力を入れた結果、人材が豊富となり、シフトの融通がきく体制 になってきています。
また、人材が豊富になった結果として、1人薬剤師率が減少し、2人体制のドラッグストアが増えてきた ため、急なお休みにも対応しやすくなっているのです。
そして、休みを取得しやすい制度を社内規定として整えた ことも大きいです。例えば、お子さんが3歳になるまで育児休暇が取得できたり、小学校の高学年まで時短勤務を利用できたりする企業もあります。会社によっては、育児休暇の取得率が90%を超えるなど、希望する方がしっかり取得できる環境も整っています。

一方、自分たちの職場の休みづらさに関してはどのように思っているのでしょうか。
職場ごとに「年間の休暇」についても答えてもらいました。下記のグラフになりますが、病院勤務の薬剤師がもっとも「年間の休暇が少ない」と思っています。 次いで、調剤薬局勤務の薬剤師です。比較して、ドラッグストア勤務の薬剤師は、「年間の休暇は多い」ほうだと 思っているようです。
つまり、ドラッグストアは、他業種の薬剤師が思っているほど、忙しくて休みづらい職場ではなく、休みをとりやすい環境をもつ職場である と言えそうです。

○  仕事をする上での責任感
医薬品を扱う以上、お客さまの健康を預かる仕事なので、間違ったことは言えないと思っています。ウエルシア薬局の店舗には調剤薬局併設型が多いですから、身近に薬剤師がいる環境が整っています。医薬品のことでわからないことがあったら、すぐに薬剤師に相談しています。
商品についてわからないことがあったり、疑問があったり、お客さまの質問にうまく答えられなかった時なども、まず薬剤師に相談します。ちゃんと確認できれば、次のお客さまに自信を持ってお答えできます。
もちろん会社の研修などでも勉強できるのですが、私は常に登録販売者試験を受験した時のテキストを手元に置いています。何度も読み返して確認し、調べています。
登録販売者だからといって、なにもかも一人で対応しないといけないわけではありません。薬剤師は医薬品の専門家ですから、常に薬剤師とのコミュニケーションも大事にしています。

ドラッグストアへの転職を考えている薬剤師が最も知りたいこと、それは実際に現場で働いている薬剤師の声ではないでしょうか。そこで、ドラッグストア勤務薬剤師に、ドラッグストア勤務のメリットとデメリットについて聞いてみました。

ドラッグストアは給与に恵まれており、高年収という背景があるためか、ドラッグストア勤務薬剤師に対して「給与に対する満足度」をきくと、調剤併設では約67%、OTCのみでは約45%の方が現在の給与に満足しているという結果が得られました。
一方ほかの業種に従事する薬剤師に給与の満足度をきくと、現在の給与に満足していると回答した割合は、病院薬剤師では約43%、調剤薬局薬剤師では約62%という結果が得られました。
以上の結果から、病院との比較では、調剤併設ドラッグストア、OTCのみのドラッグストアともに満足度が上回っており 、調剤薬局との比較では、OTCでは満足度が下回っていたものの、調剤併設は同等であることが分かりました。

約1700店舗のドラッグストアを展開するウエルシアのパート・アルバイトスタッフ求人ページへようこそ! ウエルシアでは、登録販売者・販売スタッフ・ビューティアドバイザー・薬剤師・調剤事務・夜間店舗責任者を積極採用中です!

クリエイトの薬剤師・栄養士が地域の皆様の健康を支えます
健康相談会・ベビー相談会など各種相談会はこちらからご確認ください。

ドラッグストアにおける品出しなどは、必ずしも薬剤師の日常業務に組み込まれているわけではなく、会社の方針によります。 ご自分の希望する業務内容、今後のキャリアを考えて、会社の方針とよくすり合わせたうえで就業先を選べば、「雑務」にとらわれることはありません。
ドラッグストア勤務を希望しており、かつ調剤に専念したいのであれば「調剤専門」スタッフとして就業するという選択肢もある ので、ご自身の希望をキャリアアドバイザーにご相談ください。接客やポップの作成など、業務を負担に感じる薬剤師さんがいる一方で、ポップ作りが楽しくやりがいを感じるとおっしゃる方もいます。なかには本社のプライベートブランドの開発に関わる機会に恵まれ、活き活きとドラッグストアで活躍している薬剤師さんもいらっしゃいます。

そんなイメージを持つ薬剤師は多いのではないでしょうか。リクナビ薬剤師がアンケートを実施したところ、ドラッグストアで働いている薬剤師の、およそ3割が「ドラッグストアは高年収」 というイメージを持っていることがわかりました。
では現実はどうなのでしょうか。ドラッグストア勤務の薬剤師は、全国の薬剤師の平均年収と比べて高年収だと言えるのかどうかを見てみましょう。

まとめ

現在、転職を考えている薬剤師のみなさん。「年収は良さそうだけど、お休みがとりにくそう」といった理由で、転職先の候補からドラッグストアを除外したりしていませんか?
今回リクナビ薬剤師では、ドラッグストアで働いている人を含む薬剤師940人に対してアンケートを実施。現役のドラッグストア勤務薬剤師の本音を聞きました。

ドラッグストアでは新卒採用に力を入れた結果、人材が豊富となり、シフトの融通がきく体制 になってきています。
また、人材が豊富になった結果として、1人薬剤師率が減少し、2人体制のドラッグストアが増えてきた ため、急なお休みにも対応しやすくなっているのです。
そして、休みを取得しやすい制度を社内規定として整えた ことも大きいです。例えば、お子さんが3歳になるまで育児休暇が取得できたり、小学校の高学年まで時短勤務を利用できたりする企業もあります。会社によっては、育児休暇の取得率が90%を超えるなど、希望する方がしっかり取得できる環境も整っています。

一方、自分たちの職場の休みづらさに関してはどのように思っているのでしょうか。
職場ごとに「年間の休暇」についても答えてもらいました。下記のグラフになりますが、病院勤務の薬剤師がもっとも「年間の休暇が少ない」と思っています。 次いで、調剤薬局勤務の薬剤師です。比較して、ドラッグストア勤務の薬剤師は、「年間の休暇は多い」ほうだと 思っているようです。
つまり、ドラッグストアは、他業種の薬剤師が思っているほど、忙しくて休みづらい職場ではなく、休みをとりやすい環境をもつ職場である と言えそうです。

○  仕事をする上での責任感
医薬品を扱う以上、お客さまの健康を預かる仕事なので、間違ったことは言えないと思っています。ウエルシア薬局の店舗には調剤薬局併設型が多いですから、身近に薬剤師がいる環境が整っています。医薬品のことでわからないことがあったら、すぐに薬剤師に相談しています。
商品についてわからないことがあったり、疑問があったり、お客さまの質問にうまく答えられなかった時なども、まず薬剤師に相談します。ちゃんと確認できれば、次のお客さまに自信を持ってお答えできます。
もちろん会社の研修などでも勉強できるのですが、私は常に登録販売者試験を受験した時のテキストを手元に置いています。何度も読み返して確認し、調べています。
登録販売者だからといって、なにもかも一人で対応しないといけないわけではありません。薬剤師は医薬品の専門家ですから、常に薬剤師とのコミュニケーションも大事にしています。

ドラッグストアへの転職を考えている薬剤師が最も知りたいこと、それは実際に現場で働いている薬剤師の声ではないでしょうか。そこで、ドラッグストア勤務薬剤師に、ドラッグストア勤務のメリットとデメリットについて聞いてみました。

ドラッグストアは給与に恵まれており、高年収という背景があるためか、ドラッグストア勤務薬剤師に対して「給与に対する満足度」をきくと、調剤併設では約67%、OTCのみでは約45%の方が現在の給与に満足しているという結果が得られました。
一方ほかの業種に従事する薬剤師に給与の満足度をきくと、現在の給与に満足していると回答した割合は、病院薬剤師では約43%、調剤薬局薬剤師では約62%という結果が得られました。
以上の結果から、病院との比較では、調剤併設ドラッグストア、OTCのみのドラッグストアともに満足度が上回っており 、調剤薬局との比較では、OTCでは満足度が下回っていたものの、調剤併設は同等であることが分かりました。

約1700店舗のドラッグストアを展開するウエルシアのパート・アルバイトスタッフ求人ページへようこそ! ウエルシアでは、登録販売者・販売スタッフ・ビューティアドバイザー・薬剤師・調剤事務・夜間店舗責任者を積極採用中です!

クリエイトの薬剤師・栄養士が地域の皆様の健康を支えます
健康相談会・ベビー相談会など各種相談会はこちらからご確認ください。

ドラッグストアにおける品出しなどは、必ずしも薬剤師の日常業務に組み込まれているわけではなく、会社の方針によります。 ご自分の希望する業務内容、今後のキャリアを考えて、会社の方針とよくすり合わせたうえで就業先を選べば、「雑務」にとらわれることはありません。
ドラッグストア勤務を希望しており、かつ調剤に専念したいのであれば「調剤専門」スタッフとして就業するという選択肢もある ので、ご自身の希望をキャリアアドバイザーにご相談ください。接客やポップの作成など、業務を負担に感じる薬剤師さんがいる一方で、ポップ作りが楽しくやりがいを感じるとおっしゃる方もいます。なかには本社のプライベートブランドの開発に関わる機会に恵まれ、活き活きとドラッグストアで活躍している薬剤師さんもいらっしゃいます。

そんなイメージを持つ薬剤師は多いのではないでしょうか。リクナビ薬剤師がアンケートを実施したところ、ドラッグストアで働いている薬剤師の、およそ3割が「ドラッグストアは高年収」 というイメージを持っていることがわかりました。
では現実はどうなのでしょうか。ドラッグストア勤務の薬剤師は、全国の薬剤師の平均年収と比べて高年収だと言えるのかどうかを見てみましょう。

タイトルとURLをコピーしました