病院薬剤師は薬の専門家です

この記事は約9分で読めます。

DIの仕事は、直接患者さんに接するような対応とは異なり、事務的な作業が中心です。最先端の医療に触れる機会は、薬剤師としての能力を高めるチャンスであり、高い専門性を持った仕事としてやりがいもあります。

[DIニュース]を週1回、[ちょこっとDI]を毎日、全薬剤師宛に配信します。これにより、薬剤師は各店の情報を共有化しています。

企業薬剤師には、CRO(Contract Research Organization)と呼ばれる「医薬品開発受託機関」で働くという選択肢があります。CROは、医薬品開発段階での臨床試験(治験)、医薬品の市販後臨床試験などに関わる業務の一部を代行・支援する企業であり、いわゆる医薬品開発業務の外部委託企業です。

日本薬剤師会の薬事情報センター、日本中毒情報センターなどでは電話による質疑を受付けています。

薬剤師の給与・年収アップのためのスキルアップ方法はいくつかありますが、かかりつけ薬剤師は今後大きく期待できます。かかりつけ薬剤師制度は、平成28年4月にスタートした新しい制度です。政府は以下のような目的により積極的に推進しています。

民間企業も業種や企業規模によって社員の給与・年収額は異なるものの、その平均値と比較すると、薬剤師の年収は高いということが言えます。

管理薬剤師は1店舗を管理する役職ですが、エリアマネージャーは、複数の店舗の管理業務を担当します。各店舗を定期的に訪問して、収益アップのために「アドバイスや指導」「スタッフ(薬剤師・事務員)のトレーニング」「管理薬剤師の悩み相談」など、その業務は広範囲に渡ります。

病院薬剤師は薬の専門家です。「薬のことで分からないことがあったらとりあえず薬剤師に相談」というのが病院での常識です。ただ、すべての質問に即座に答えられるわけではありません。絶対にやってはならない事は何か、何を調べたらよいかを知っている、ということで、薬に関する常識人(ゼネラリスト)と言えます。

なかなか 言いえて妙の結果になっています。これが“薬剤師の働き方改革”とくに“女性の薬剤師の働き方改革・将来構想改革”につながれば幸いです。
[調査結果]
日経産業新聞、マイナビニュースでも
取り上げていただきました。

医薬品情報室は、薬の情報を専門的に扱う部屋であり、院内では英語のDrug Informationの頭文字を取って「DI室」と呼ばれます。DI室は、病院内において医薬品に関する情報を集積、整理し、提供しています。
DI室には、当院において採用されている全ての医薬品に関する情報はもとより、採用されていない医薬品や、処方箋なしで薬局にて購入することができる大衆薬の情報、医療・医薬品に関する書籍などを取り揃えています。
薬剤師はこれらの医薬品情報を、薬の専門家として評価、判断し、医師・看護師・薬剤師・その他の医療従事者ならびに患者さんに提供することによって、より良い薬物療法の発展を図り、医療の向上と効率化に貢献しています。

薬剤師として

DIの仕事は、直接患者さんに接するような対応とは異なり、事務的な作業が中心です。最先端の医療に触れる機会は、薬剤師としての能力を高めるチャンスであり、高い専門性を持った仕事としてやりがいもあります。

[DIニュース]を週1回、[ちょこっとDI]を毎日、全薬剤師宛に配信します。これにより、薬剤師は各店の情報を共有化しています。

企業薬剤師には、CRO(Contract Research Organization)と呼ばれる「医薬品開発受託機関」で働くという選択肢があります。CROは、医薬品開発段階での臨床試験(治験)、医薬品の市販後臨床試験などに関わる業務の一部を代行・支援する企業であり、いわゆる医薬品開発業務の外部委託企業です。

日本薬剤師会の薬事情報センター、日本中毒情報センターなどでは電話による質疑を受付けています。

薬剤師の給与・年収アップのためのスキルアップ方法はいくつかありますが、かかりつけ薬剤師は今後大きく期待できます。かかりつけ薬剤師制度は、平成28年4月にスタートした新しい制度です。政府は以下のような目的により積極的に推進しています。

民間企業も業種や企業規模によって社員の給与・年収額は異なるものの、その平均値と比較すると、薬剤師の年収は高いということが言えます。

管理薬剤師は1店舗を管理する役職ですが、エリアマネージャーは、複数の店舗の管理業務を担当します。各店舗を定期的に訪問して、収益アップのために「アドバイスや指導」「スタッフ(薬剤師・事務員)のトレーニング」「管理薬剤師の悩み相談」など、その業務は広範囲に渡ります。

病院薬剤師は薬の専門家です。「薬のことで分からないことがあったらとりあえず薬剤師に相談」というのが病院での常識です。ただ、すべての質問に即座に答えられるわけではありません。絶対にやってはならない事は何か、何を調べたらよいかを知っている、ということで、薬に関する常識人(ゼネラリスト)と言えます。

なかなか 言いえて妙の結果になっています。これが“薬剤師の働き方改革”とくに“女性の薬剤師の働き方改革・将来構想改革”につながれば幸いです。
[調査結果]
日経産業新聞、マイナビニュースでも
取り上げていただきました。

医薬品情報室は、薬の情報を専門的に扱う部屋であり、院内では英語のDrug Informationの頭文字を取って「DI室」と呼ばれます。DI室は、病院内において医薬品に関する情報を集積、整理し、提供しています。
DI室には、当院において採用されている全ての医薬品に関する情報はもとより、採用されていない医薬品や、処方箋なしで薬局にて購入することができる大衆薬の情報、医療・医薬品に関する書籍などを取り揃えています。
薬剤師はこれらの医薬品情報を、薬の専門家として評価、判断し、医師・看護師・薬剤師・その他の医療従事者ならびに患者さんに提供することによって、より良い薬物療法の発展を図り、医療の向上と効率化に貢献しています。

薬剤師に大事なもの

DIの仕事は、直接患者さんに接するような対応とは異なり、事務的な作業が中心です。最先端の医療に触れる機会は、薬剤師としての能力を高めるチャンスであり、高い専門性を持った仕事としてやりがいもあります。

[DIニュース]を週1回、[ちょこっとDI]を毎日、全薬剤師宛に配信します。これにより、薬剤師は各店の情報を共有化しています。

企業薬剤師には、CRO(Contract Research Organization)と呼ばれる「医薬品開発受託機関」で働くという選択肢があります。CROは、医薬品開発段階での臨床試験(治験)、医薬品の市販後臨床試験などに関わる業務の一部を代行・支援する企業であり、いわゆる医薬品開発業務の外部委託企業です。

日本薬剤師会の薬事情報センター、日本中毒情報センターなどでは電話による質疑を受付けています。

薬剤師の給与・年収アップのためのスキルアップ方法はいくつかありますが、かかりつけ薬剤師は今後大きく期待できます。かかりつけ薬剤師制度は、平成28年4月にスタートした新しい制度です。政府は以下のような目的により積極的に推進しています。

民間企業も業種や企業規模によって社員の給与・年収額は異なるものの、その平均値と比較すると、薬剤師の年収は高いということが言えます。

管理薬剤師は1店舗を管理する役職ですが、エリアマネージャーは、複数の店舗の管理業務を担当します。各店舗を定期的に訪問して、収益アップのために「アドバイスや指導」「スタッフ(薬剤師・事務員)のトレーニング」「管理薬剤師の悩み相談」など、その業務は広範囲に渡ります。

病院薬剤師は薬の専門家です。「薬のことで分からないことがあったらとりあえず薬剤師に相談」というのが病院での常識です。ただ、すべての質問に即座に答えられるわけではありません。絶対にやってはならない事は何か、何を調べたらよいかを知っている、ということで、薬に関する常識人(ゼネラリスト)と言えます。

なかなか 言いえて妙の結果になっています。これが“薬剤師の働き方改革”とくに“女性の薬剤師の働き方改革・将来構想改革”につながれば幸いです。
[調査結果]
日経産業新聞、マイナビニュースでも
取り上げていただきました。

医薬品情報室は、薬の情報を専門的に扱う部屋であり、院内では英語のDrug Informationの頭文字を取って「DI室」と呼ばれます。DI室は、病院内において医薬品に関する情報を集積、整理し、提供しています。
DI室には、当院において採用されている全ての医薬品に関する情報はもとより、採用されていない医薬品や、処方箋なしで薬局にて購入することができる大衆薬の情報、医療・医薬品に関する書籍などを取り揃えています。
薬剤師はこれらの医薬品情報を、薬の専門家として評価、判断し、医師・看護師・薬剤師・その他の医療従事者ならびに患者さんに提供することによって、より良い薬物療法の発展を図り、医療の向上と効率化に貢献しています。

まとめ

DIの仕事は、直接患者さんに接するような対応とは異なり、事務的な作業が中心です。最先端の医療に触れる機会は、薬剤師としての能力を高めるチャンスであり、高い専門性を持った仕事としてやりがいもあります。

[DIニュース]を週1回、[ちょこっとDI]を毎日、全薬剤師宛に配信します。これにより、薬剤師は各店の情報を共有化しています。

企業薬剤師には、CRO(Contract Research Organization)と呼ばれる「医薬品開発受託機関」で働くという選択肢があります。CROは、医薬品開発段階での臨床試験(治験)、医薬品の市販後臨床試験などに関わる業務の一部を代行・支援する企業であり、いわゆる医薬品開発業務の外部委託企業です。

日本薬剤師会の薬事情報センター、日本中毒情報センターなどでは電話による質疑を受付けています。

薬剤師の給与・年収アップのためのスキルアップ方法はいくつかありますが、かかりつけ薬剤師は今後大きく期待できます。かかりつけ薬剤師制度は、平成28年4月にスタートした新しい制度です。政府は以下のような目的により積極的に推進しています。

民間企業も業種や企業規模によって社員の給与・年収額は異なるものの、その平均値と比較すると、薬剤師の年収は高いということが言えます。

管理薬剤師は1店舗を管理する役職ですが、エリアマネージャーは、複数の店舗の管理業務を担当します。各店舗を定期的に訪問して、収益アップのために「アドバイスや指導」「スタッフ(薬剤師・事務員)のトレーニング」「管理薬剤師の悩み相談」など、その業務は広範囲に渡ります。

病院薬剤師は薬の専門家です。「薬のことで分からないことがあったらとりあえず薬剤師に相談」というのが病院での常識です。ただ、すべての質問に即座に答えられるわけではありません。絶対にやってはならない事は何か、何を調べたらよいかを知っている、ということで、薬に関する常識人(ゼネラリスト)と言えます。

なかなか 言いえて妙の結果になっています。これが“薬剤師の働き方改革”とくに“女性の薬剤師の働き方改革・将来構想改革”につながれば幸いです。
[調査結果]
日経産業新聞、マイナビニュースでも
取り上げていただきました。

医薬品情報室は、薬の情報を専門的に扱う部屋であり、院内では英語のDrug Informationの頭文字を取って「DI室」と呼ばれます。DI室は、病院内において医薬品に関する情報を集積、整理し、提供しています。
DI室には、当院において採用されている全ての医薬品に関する情報はもとより、採用されていない医薬品や、処方箋なしで薬局にて購入することができる大衆薬の情報、医療・医薬品に関する書籍などを取り揃えています。
薬剤師はこれらの医薬品情報を、薬の専門家として評価、判断し、医師・看護師・薬剤師・その他の医療従事者ならびに患者さんに提供することによって、より良い薬物療法の発展を図り、医療の向上と効率化に貢献しています。

タイトルとURLをコピーしました