薬剤師 相談 電話

この記事は約10分で読めます。

愛知県薬剤師会は、開局薬剤師、病院薬剤師、医薬品メーカー、卸や行政やその他多くの職種で活躍している薬剤師が参加している会員で組織されている会です。

愛知県薬剤師会では、県民の皆様からの「医薬品」についての相談を受け付けています。
患者が医療に関する問題を自ら解決するための中立的助言を行います。情報提供できるのは、薬に関する一般的な情報に限られます。副作用の診断や具体的な対処法については主治医にお尋ねください。この他、医療行為における過失(医療過誤、医療ミス、医療事故、診断ミス、治療ミス)等や因果関係の有無、責任の所在を判断・決定することはできません。また、直接医師や医療機関を紹介することはありません。必要に応じて関係する相談先をご案内します。
なお、病院等で処方された薬については、症状との関係でお答えできないことがあります。

また、「ドーピング防止ホットライン」として、スポーツ関係者の皆様からの、ドーピングに関する質問も受け付けています。

健康食品については、「薬事情報室」のページもご参照ください。

くすりに関するご質問やご相談に、専任の薬剤師が電話で対応しています。

熊本県薬剤師会医薬情報センターでは、熊本県民を対象に医薬品についての相談を受け付けています。

薬事情報センターでは、県民の皆様からの「医薬品」についての相談を電話で受け付けています。
くすりの効能効果、飲みあわせ、飲み方・使い方、くすりに関する心配ごとなどの相談に薬剤師がお答えします。

私たち薬剤師は、これからも、「薬のリスク」がお客さまの自己責任とならないよう、薬剤師の責務を果たしたいと考えています。

「健康サポート薬局」とは、「かかりつけ薬局」の機能をふまえたうえで、地域の皆さまの健康の維持・増進を積極的に支援する薬局のことをいいます。
健康サポートに必要な専門知識を習得した薬剤師が、運動や栄養に至るまで健康に関する様々な相談に応じます。
また、どなたでもご参加いただける健康に関するイベントを定期的に開催しながら、地域の皆さまへ情報を発信しています。
ご相談の内容に応じて、地域の医療や介護にかかわる様々な職種の方々と連携して、受診のご提案や各種サービスのご紹介を行います。

後発品・後発薬品(ジェネリック薬品)、購入した医薬品等(大衆薬、一般薬、OTC医薬品、健康食品、サプリメント、化粧品等)に関する相談も、かかりつけの医師、調剤を行った薬局の薬剤師、購入した薬店の薬剤師等や、各製品の企業の相談窓口等で相談できます。

PMDA、日本薬剤師会のほかにも、患者・一般の方のためのくすり相談窓口が全国にあります。

PMDA、日本薬剤師会のほかにも、患者・一般の方のためのくすり相談窓口が全国にあります。お住まいの地域をクリックして窓口の情報をご確認ください。
ただし、診断や治療など医療に関する質問等においては回答できない場合がありますので、予めご了承ください。
また、ご自身のくすりについて心配なことがある場合は、かかりつけの薬局・薬剤師又はかかりつけの医師にもご相談ください。

徳島県外の皆様は、できるだけお住まいの地域の「消費者くすり相談窓口(日本薬剤師会へリンク)」へお問い合わせください。

薬剤師として

愛知県薬剤師会は、開局薬剤師、病院薬剤師、医薬品メーカー、卸や行政やその他多くの職種で活躍している薬剤師が参加している会員で組織されている会です。

愛知県薬剤師会では、県民の皆様からの「医薬品」についての相談を受け付けています。
患者が医療に関する問題を自ら解決するための中立的助言を行います。情報提供できるのは、薬に関する一般的な情報に限られます。副作用の診断や具体的な対処法については主治医にお尋ねください。この他、医療行為における過失(医療過誤、医療ミス、医療事故、診断ミス、治療ミス)等や因果関係の有無、責任の所在を判断・決定することはできません。また、直接医師や医療機関を紹介することはありません。必要に応じて関係する相談先をご案内します。
なお、病院等で処方された薬については、症状との関係でお答えできないことがあります。

また、「ドーピング防止ホットライン」として、スポーツ関係者の皆様からの、ドーピングに関する質問も受け付けています。

健康食品については、「薬事情報室」のページもご参照ください。

くすりに関するご質問やご相談に、専任の薬剤師が電話で対応しています。

熊本県薬剤師会医薬情報センターでは、熊本県民を対象に医薬品についての相談を受け付けています。

薬事情報センターでは、県民の皆様からの「医薬品」についての相談を電話で受け付けています。
くすりの効能効果、飲みあわせ、飲み方・使い方、くすりに関する心配ごとなどの相談に薬剤師がお答えします。

私たち薬剤師は、これからも、「薬のリスク」がお客さまの自己責任とならないよう、薬剤師の責務を果たしたいと考えています。

「健康サポート薬局」とは、「かかりつけ薬局」の機能をふまえたうえで、地域の皆さまの健康の維持・増進を積極的に支援する薬局のことをいいます。
健康サポートに必要な専門知識を習得した薬剤師が、運動や栄養に至るまで健康に関する様々な相談に応じます。
また、どなたでもご参加いただける健康に関するイベントを定期的に開催しながら、地域の皆さまへ情報を発信しています。
ご相談の内容に応じて、地域の医療や介護にかかわる様々な職種の方々と連携して、受診のご提案や各種サービスのご紹介を行います。

後発品・後発薬品(ジェネリック薬品)、購入した医薬品等(大衆薬、一般薬、OTC医薬品、健康食品、サプリメント、化粧品等)に関する相談も、かかりつけの医師、調剤を行った薬局の薬剤師、購入した薬店の薬剤師等や、各製品の企業の相談窓口等で相談できます。

PMDA、日本薬剤師会のほかにも、患者・一般の方のためのくすり相談窓口が全国にあります。

PMDA、日本薬剤師会のほかにも、患者・一般の方のためのくすり相談窓口が全国にあります。お住まいの地域をクリックして窓口の情報をご確認ください。
ただし、診断や治療など医療に関する質問等においては回答できない場合がありますので、予めご了承ください。
また、ご自身のくすりについて心配なことがある場合は、かかりつけの薬局・薬剤師又はかかりつけの医師にもご相談ください。

徳島県外の皆様は、できるだけお住まいの地域の「消費者くすり相談窓口(日本薬剤師会へリンク)」へお問い合わせください。

薬剤師に大事なもの

愛知県薬剤師会は、開局薬剤師、病院薬剤師、医薬品メーカー、卸や行政やその他多くの職種で活躍している薬剤師が参加している会員で組織されている会です。

愛知県薬剤師会では、県民の皆様からの「医薬品」についての相談を受け付けています。
患者が医療に関する問題を自ら解決するための中立的助言を行います。情報提供できるのは、薬に関する一般的な情報に限られます。副作用の診断や具体的な対処法については主治医にお尋ねください。この他、医療行為における過失(医療過誤、医療ミス、医療事故、診断ミス、治療ミス)等や因果関係の有無、責任の所在を判断・決定することはできません。また、直接医師や医療機関を紹介することはありません。必要に応じて関係する相談先をご案内します。
なお、病院等で処方された薬については、症状との関係でお答えできないことがあります。

また、「ドーピング防止ホットライン」として、スポーツ関係者の皆様からの、ドーピングに関する質問も受け付けています。

健康食品については、「薬事情報室」のページもご参照ください。

くすりに関するご質問やご相談に、専任の薬剤師が電話で対応しています。

熊本県薬剤師会医薬情報センターでは、熊本県民を対象に医薬品についての相談を受け付けています。

薬事情報センターでは、県民の皆様からの「医薬品」についての相談を電話で受け付けています。
くすりの効能効果、飲みあわせ、飲み方・使い方、くすりに関する心配ごとなどの相談に薬剤師がお答えします。

私たち薬剤師は、これからも、「薬のリスク」がお客さまの自己責任とならないよう、薬剤師の責務を果たしたいと考えています。

「健康サポート薬局」とは、「かかりつけ薬局」の機能をふまえたうえで、地域の皆さまの健康の維持・増進を積極的に支援する薬局のことをいいます。
健康サポートに必要な専門知識を習得した薬剤師が、運動や栄養に至るまで健康に関する様々な相談に応じます。
また、どなたでもご参加いただける健康に関するイベントを定期的に開催しながら、地域の皆さまへ情報を発信しています。
ご相談の内容に応じて、地域の医療や介護にかかわる様々な職種の方々と連携して、受診のご提案や各種サービスのご紹介を行います。

後発品・後発薬品(ジェネリック薬品)、購入した医薬品等(大衆薬、一般薬、OTC医薬品、健康食品、サプリメント、化粧品等)に関する相談も、かかりつけの医師、調剤を行った薬局の薬剤師、購入した薬店の薬剤師等や、各製品の企業の相談窓口等で相談できます。

PMDA、日本薬剤師会のほかにも、患者・一般の方のためのくすり相談窓口が全国にあります。

PMDA、日本薬剤師会のほかにも、患者・一般の方のためのくすり相談窓口が全国にあります。お住まいの地域をクリックして窓口の情報をご確認ください。
ただし、診断や治療など医療に関する質問等においては回答できない場合がありますので、予めご了承ください。
また、ご自身のくすりについて心配なことがある場合は、かかりつけの薬局・薬剤師又はかかりつけの医師にもご相談ください。

徳島県外の皆様は、できるだけお住まいの地域の「消費者くすり相談窓口(日本薬剤師会へリンク)」へお問い合わせください。

まとめ

愛知県薬剤師会は、開局薬剤師、病院薬剤師、医薬品メーカー、卸や行政やその他多くの職種で活躍している薬剤師が参加している会員で組織されている会です。

愛知県薬剤師会では、県民の皆様からの「医薬品」についての相談を受け付けています。
患者が医療に関する問題を自ら解決するための中立的助言を行います。情報提供できるのは、薬に関する一般的な情報に限られます。副作用の診断や具体的な対処法については主治医にお尋ねください。この他、医療行為における過失(医療過誤、医療ミス、医療事故、診断ミス、治療ミス)等や因果関係の有無、責任の所在を判断・決定することはできません。また、直接医師や医療機関を紹介することはありません。必要に応じて関係する相談先をご案内します。
なお、病院等で処方された薬については、症状との関係でお答えできないことがあります。

また、「ドーピング防止ホットライン」として、スポーツ関係者の皆様からの、ドーピングに関する質問も受け付けています。

健康食品については、「薬事情報室」のページもご参照ください。

くすりに関するご質問やご相談に、専任の薬剤師が電話で対応しています。

熊本県薬剤師会医薬情報センターでは、熊本県民を対象に医薬品についての相談を受け付けています。

薬事情報センターでは、県民の皆様からの「医薬品」についての相談を電話で受け付けています。
くすりの効能効果、飲みあわせ、飲み方・使い方、くすりに関する心配ごとなどの相談に薬剤師がお答えします。

私たち薬剤師は、これからも、「薬のリスク」がお客さまの自己責任とならないよう、薬剤師の責務を果たしたいと考えています。

「健康サポート薬局」とは、「かかりつけ薬局」の機能をふまえたうえで、地域の皆さまの健康の維持・増進を積極的に支援する薬局のことをいいます。
健康サポートに必要な専門知識を習得した薬剤師が、運動や栄養に至るまで健康に関する様々な相談に応じます。
また、どなたでもご参加いただける健康に関するイベントを定期的に開催しながら、地域の皆さまへ情報を発信しています。
ご相談の内容に応じて、地域の医療や介護にかかわる様々な職種の方々と連携して、受診のご提案や各種サービスのご紹介を行います。

後発品・後発薬品(ジェネリック薬品)、購入した医薬品等(大衆薬、一般薬、OTC医薬品、健康食品、サプリメント、化粧品等)に関する相談も、かかりつけの医師、調剤を行った薬局の薬剤師、購入した薬店の薬剤師等や、各製品の企業の相談窓口等で相談できます。

PMDA、日本薬剤師会のほかにも、患者・一般の方のためのくすり相談窓口が全国にあります。

PMDA、日本薬剤師会のほかにも、患者・一般の方のためのくすり相談窓口が全国にあります。お住まいの地域をクリックして窓口の情報をご確認ください。
ただし、診断や治療など医療に関する質問等においては回答できない場合がありますので、予めご了承ください。
また、ご自身のくすりについて心配なことがある場合は、かかりつけの薬局・薬剤師又はかかりつけの医師にもご相談ください。

徳島県外の皆様は、できるだけお住まいの地域の「消費者くすり相談窓口(日本薬剤師会へリンク)」へお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました