薬局薬剤師のための調剤報酬の基本【自家製剤加算…

この記事は約9分で読めます。

公開求人数では、薬キャリの方が求人数が多いですが、マイナビ薬剤師は非公開求人を40%も保有しています。

ただ公務員は、初任給も安く、やりがいも感じられないと思いますし、公務員になった薬剤師の話だと、お役所勤めは退屈だそうです。

リクナビ薬剤師は、大手企業の求人を多数保有しているのが特徴です。

具体的には希望職種や職場、転職時期や雇用形態(正社員か派遣薬剤師、パートかなど)を伝え、希望する条件に合った求人を検討します。

私は以前、化粧品販売会社で薬事職として働いていました。

仕事は日々充実していて、責任ある仕事も任せて頂けるので不満はなかったのですが、会社の経営状況が悪くなってきてからは、契約社員から正社員に移行することが難しくなってしまったのです。

その企業で契約社員として働いて3年が経って、私は30代になる直前でした。できれば30代のスタートは、正社員の薬剤師として働き始めたいと思いました。

30をすぎても、契約社員ですと将来に不安を抱えたまま働くことになります。現代では、生涯雇用は保証されていない時代ですが、それでもやはり正社員として会社に雇用されることは信頼と安心の大きな要素だと思います。

そんな時に、担当者さんからとあるドラッグストアの転職を提案して頂きました。薬剤師としての経験を存分に活かせる職場に転職することができたのです。

最初は本当に転職するか迷いました。化粧品販売会社は、経営状況は悪化していましたが、それなりに有名な企業で、今後経営状況が回復してくれば、待遇のよい正社員として働けるようになるのでは?と思ったからです。

会社からは、将来は責任ある役職として働いて欲しいとも言われていたからです。でも、ドラッグストアへの転職をして良かったと今では思います。

ドラッグストアでは、医師から処方される薬の取り扱いだけではなく、製薬会社が市販用に製造している薬まで取り扱います。

そのため、取り扱う薬の種類が増えて、知識も広がっていきます。

来店されたお客様に質問をされた時に、適切なアドバイスをして、安心して喜ばれるのも大きなやりがいの1つになっております。

今後は、管理薬剤師として役職をいただくことにもなり、働く環境や待遇もよくなります。本当に満足できる職場に巡り会えて感謝しています。ありがとうございました。

薬局薬剤師のための調剤報酬の基本【自家製剤加算…

非公開求人満載の薬剤師の転職サイト「リクナビSBF」

薬剤師は出産や育児などで一時期職場を離れていても、資格さえあれば職場復帰できるので、ママ薬剤師として働いている人も多くいます。しかし、ブランクが長かったり、調剤未経験だったりすると、薬剤師としての知識、スキルに不安があり、復帰して働くことに二の足を踏んでしまう人もいるようです。

薬剤師は専門職のため、なかなか転職に難儀している方でも、豊富な求人数と徹底したサポートで希望の転職先を見つけられる可能性が高いです。

続いては、これらのメリット・デメリットを踏まえ、どんな薬剤師がリクナビ薬剤師に向いているかを紹介していきます。

薬剤師として

公開求人数では、薬キャリの方が求人数が多いですが、マイナビ薬剤師は非公開求人を40%も保有しています。

ただ公務員は、初任給も安く、やりがいも感じられないと思いますし、公務員になった薬剤師の話だと、お役所勤めは退屈だそうです。

リクナビ薬剤師は、大手企業の求人を多数保有しているのが特徴です。

具体的には希望職種や職場、転職時期や雇用形態(正社員か派遣薬剤師、パートかなど)を伝え、希望する条件に合った求人を検討します。

私は以前、化粧品販売会社で薬事職として働いていました。

仕事は日々充実していて、責任ある仕事も任せて頂けるので不満はなかったのですが、会社の経営状況が悪くなってきてからは、契約社員から正社員に移行することが難しくなってしまったのです。

その企業で契約社員として働いて3年が経って、私は30代になる直前でした。できれば30代のスタートは、正社員の薬剤師として働き始めたいと思いました。

30をすぎても、契約社員ですと将来に不安を抱えたまま働くことになります。現代では、生涯雇用は保証されていない時代ですが、それでもやはり正社員として会社に雇用されることは信頼と安心の大きな要素だと思います。

そんな時に、担当者さんからとあるドラッグストアの転職を提案して頂きました。薬剤師としての経験を存分に活かせる職場に転職することができたのです。

最初は本当に転職するか迷いました。化粧品販売会社は、経営状況は悪化していましたが、それなりに有名な企業で、今後経営状況が回復してくれば、待遇のよい正社員として働けるようになるのでは?と思ったからです。

会社からは、将来は責任ある役職として働いて欲しいとも言われていたからです。でも、ドラッグストアへの転職をして良かったと今では思います。

ドラッグストアでは、医師から処方される薬の取り扱いだけではなく、製薬会社が市販用に製造している薬まで取り扱います。

そのため、取り扱う薬の種類が増えて、知識も広がっていきます。

来店されたお客様に質問をされた時に、適切なアドバイスをして、安心して喜ばれるのも大きなやりがいの1つになっております。

今後は、管理薬剤師として役職をいただくことにもなり、働く環境や待遇もよくなります。本当に満足できる職場に巡り会えて感謝しています。ありがとうございました。

薬局薬剤師のための調剤報酬の基本【自家製剤加算…

非公開求人満載の薬剤師の転職サイト「リクナビSBF」

薬剤師は出産や育児などで一時期職場を離れていても、資格さえあれば職場復帰できるので、ママ薬剤師として働いている人も多くいます。しかし、ブランクが長かったり、調剤未経験だったりすると、薬剤師としての知識、スキルに不安があり、復帰して働くことに二の足を踏んでしまう人もいるようです。

薬剤師は専門職のため、なかなか転職に難儀している方でも、豊富な求人数と徹底したサポートで希望の転職先を見つけられる可能性が高いです。

続いては、これらのメリット・デメリットを踏まえ、どんな薬剤師がリクナビ薬剤師に向いているかを紹介していきます。

薬剤師に大事なもの

公開求人数では、薬キャリの方が求人数が多いですが、マイナビ薬剤師は非公開求人を40%も保有しています。

ただ公務員は、初任給も安く、やりがいも感じられないと思いますし、公務員になった薬剤師の話だと、お役所勤めは退屈だそうです。

リクナビ薬剤師は、大手企業の求人を多数保有しているのが特徴です。

具体的には希望職種や職場、転職時期や雇用形態(正社員か派遣薬剤師、パートかなど)を伝え、希望する条件に合った求人を検討します。

私は以前、化粧品販売会社で薬事職として働いていました。

仕事は日々充実していて、責任ある仕事も任せて頂けるので不満はなかったのですが、会社の経営状況が悪くなってきてからは、契約社員から正社員に移行することが難しくなってしまったのです。

その企業で契約社員として働いて3年が経って、私は30代になる直前でした。できれば30代のスタートは、正社員の薬剤師として働き始めたいと思いました。

30をすぎても、契約社員ですと将来に不安を抱えたまま働くことになります。現代では、生涯雇用は保証されていない時代ですが、それでもやはり正社員として会社に雇用されることは信頼と安心の大きな要素だと思います。

そんな時に、担当者さんからとあるドラッグストアの転職を提案して頂きました。薬剤師としての経験を存分に活かせる職場に転職することができたのです。

最初は本当に転職するか迷いました。化粧品販売会社は、経営状況は悪化していましたが、それなりに有名な企業で、今後経営状況が回復してくれば、待遇のよい正社員として働けるようになるのでは?と思ったからです。

会社からは、将来は責任ある役職として働いて欲しいとも言われていたからです。でも、ドラッグストアへの転職をして良かったと今では思います。

ドラッグストアでは、医師から処方される薬の取り扱いだけではなく、製薬会社が市販用に製造している薬まで取り扱います。

そのため、取り扱う薬の種類が増えて、知識も広がっていきます。

来店されたお客様に質問をされた時に、適切なアドバイスをして、安心して喜ばれるのも大きなやりがいの1つになっております。

今後は、管理薬剤師として役職をいただくことにもなり、働く環境や待遇もよくなります。本当に満足できる職場に巡り会えて感謝しています。ありがとうございました。

薬局薬剤師のための調剤報酬の基本【自家製剤加算…

非公開求人満載の薬剤師の転職サイト「リクナビSBF」

薬剤師は出産や育児などで一時期職場を離れていても、資格さえあれば職場復帰できるので、ママ薬剤師として働いている人も多くいます。しかし、ブランクが長かったり、調剤未経験だったりすると、薬剤師としての知識、スキルに不安があり、復帰して働くことに二の足を踏んでしまう人もいるようです。

薬剤師は専門職のため、なかなか転職に難儀している方でも、豊富な求人数と徹底したサポートで希望の転職先を見つけられる可能性が高いです。

続いては、これらのメリット・デメリットを踏まえ、どんな薬剤師がリクナビ薬剤師に向いているかを紹介していきます。

まとめ

公開求人数では、薬キャリの方が求人数が多いですが、マイナビ薬剤師は非公開求人を40%も保有しています。

ただ公務員は、初任給も安く、やりがいも感じられないと思いますし、公務員になった薬剤師の話だと、お役所勤めは退屈だそうです。

リクナビ薬剤師は、大手企業の求人を多数保有しているのが特徴です。

具体的には希望職種や職場、転職時期や雇用形態(正社員か派遣薬剤師、パートかなど)を伝え、希望する条件に合った求人を検討します。

私は以前、化粧品販売会社で薬事職として働いていました。

仕事は日々充実していて、責任ある仕事も任せて頂けるので不満はなかったのですが、会社の経営状況が悪くなってきてからは、契約社員から正社員に移行することが難しくなってしまったのです。

その企業で契約社員として働いて3年が経って、私は30代になる直前でした。できれば30代のスタートは、正社員の薬剤師として働き始めたいと思いました。

30をすぎても、契約社員ですと将来に不安を抱えたまま働くことになります。現代では、生涯雇用は保証されていない時代ですが、それでもやはり正社員として会社に雇用されることは信頼と安心の大きな要素だと思います。

そんな時に、担当者さんからとあるドラッグストアの転職を提案して頂きました。薬剤師としての経験を存分に活かせる職場に転職することができたのです。

最初は本当に転職するか迷いました。化粧品販売会社は、経営状況は悪化していましたが、それなりに有名な企業で、今後経営状況が回復してくれば、待遇のよい正社員として働けるようになるのでは?と思ったからです。

会社からは、将来は責任ある役職として働いて欲しいとも言われていたからです。でも、ドラッグストアへの転職をして良かったと今では思います。

ドラッグストアでは、医師から処方される薬の取り扱いだけではなく、製薬会社が市販用に製造している薬まで取り扱います。

そのため、取り扱う薬の種類が増えて、知識も広がっていきます。

来店されたお客様に質問をされた時に、適切なアドバイスをして、安心して喜ばれるのも大きなやりがいの1つになっております。

今後は、管理薬剤師として役職をいただくことにもなり、働く環境や待遇もよくなります。本当に満足できる職場に巡り会えて感謝しています。ありがとうございました。

薬局薬剤師のための調剤報酬の基本【自家製剤加算…

非公開求人満載の薬剤師の転職サイト「リクナビSBF」

薬剤師は出産や育児などで一時期職場を離れていても、資格さえあれば職場復帰できるので、ママ薬剤師として働いている人も多くいます。しかし、ブランクが長かったり、調剤未経験だったりすると、薬剤師としての知識、スキルに不安があり、復帰して働くことに二の足を踏んでしまう人もいるようです。

薬剤師は専門職のため、なかなか転職に難儀している方でも、豊富な求人数と徹底したサポートで希望の転職先を見つけられる可能性が高いです。

続いては、これらのメリット・デメリットを踏まえ、どんな薬剤師がリクナビ薬剤師に向いているかを紹介していきます。

タイトルとURLをコピーしました