薬剤師の都市部求人の特長について・過剰供給なのか?

薬剤師の都市部求人の特長について・過剰供給なのか?

薬剤師の都市部求人の特長について・過剰供給なのか?

 

将来的には薬剤師が過剰になるという発表があったものの、まだまだ薬剤師求人が減少する様子はありません。特に求人が多いと言われるのが都市部ですが、求人にはどんな特長があるのでしょうか。

 

都市部の求人が人気な理由

 

都市部の薬剤師求人はどんな職場でも人気があります。給与面などは地方求人と大きく変わらなくても、生活の便が良いというのが一番の理由でしょう。

 

 

 

元々地方出身であれば、都市部の求人にこだわらない人もいるかもしれません。しかし仕事も生活も新しい場所でとなると、色々と大変なことも多いものです。

 

 

 

こうした理由もあって、都市部の求人への応募者が増えるのでしょう。また仕事の内容が多岐にわたるため、経験を積むために都市部の求人に応募するという人も少なくないようです。

 

都市部では薬剤師が過剰供給?

 

薬剤師が過剰になるというのは、厚生労働省科学研究班が発表した長期的な見通しです。ただ、いつ頃過剰供給になるのかといった点については明記されていません。

 

 

 

有識者の見解にも違いがあり、すぐに都市部での薬剤師の過剰供給が問題になるわけでもなさそうです。とはいえ、人気のある求人については応募者が多いのも事実です。

 

薬剤師の都市部求人の特長について・過剰供給なのか?

 

そのため都市部での薬剤師求人は地方と比較すると、倍率が高くなることが多いとも言われています。人気のある職場に求職者が殺到するのは、薬剤師に限ったことではありません。過剰供給という言葉に焦りを感じすぎる必要はないと考えて良いでしょう。

 

薬剤師業務の多様化で求人も増加

 

以前であれば薬剤師の仕事は調剤が主なものでしたが、現在は薬剤師の業務も多様化しています。時代とともに増えてきた業務には以下のようなものがあります。

 

  • 調剤や用法指示
  • 処方内容の確認や医療との連携
  • 服薬指導や薬歴管理
  • 薬の情報提供
  • カウンセリング

 

調剤を行うだけであれば、薬剤師の人数もそれほど必要としません。しかし、患者との接点が増えればどの職場でも薬剤師の数が必要となり、その存在感も増してくることが予想できます。

 

 

 

カウンセリングをしたり他の職種との連携を取ったりというのは、薬剤師の大きな役割になっています。特に患者数の多い都市部では、業務の多様化によって薬剤師の求人も増加傾向と言われているようです。

 

 

 

供給過剰と言われる薬剤師ですが、求人を見る限り都市部であっても仕事探しに苦労することはなさそうです。転職先探しが難しくなるかもと、必要以上に焦る心配はないでしょう。

 

 

紹介サービス会社抜粋はこちら