転職を考えている薬剤師がもう一度確認しておきたい心構えとは

転職を考えている薬剤師がもう一度確認しておきたい心構えとは

転職を考えている薬剤師がもう一度確認しておきたい心構えとは

 

転職には勢いが必要だと言われますが、中途半端な気持ちで転職すると後悔することもあります。ここでは転職を考えている薬剤師が、もう一度確認しておきたい心構えについてご紹介します。

 

何のために転職するのかを考える

 

薬剤師が転職を考える時に全く違った職に就くことは少なく、薬剤師として勤務先を変えることがほとんどです。では、なぜ今の職場ではなく他の職場を探そうとするのかと考えると色々な理由が思い浮かぶでしょう。

 

 

 

給与や待遇に納得できない人もいれば、通勤がツラくて近場に変わりたいと考える人もいるはずです。また薬剤師としてのスキルアップを目指しても、今の職場ではそれが難しいという人もいます。

 

 

 

転職を考えるのであれば、現在の職場での不満が転職で解決するのかをもう一度考えてみましょう。

 

転職活動中も現職を大切にする

 

仕事を続けながらの転職活動は、ほとんどの職場で禁止していません。しかし現職を大切にするのであれば、転職活動中にもいくつか気をつけることがあります。

 

  • 就業規則を事前に確認する
  • 面接の日程が勤務日に当たった場合の対応
  • 転職活動中であることを話さない
  • 現職を疎かにしない

 

転職するからといって現職を疎かにするのはもちろん、転職活動中であることを同僚に話すのも止めたほうが良いでしょう。何かミスをした時に転職するからやる気がないと言われては、自分の評価を下げることにもなります。

 

転職を考えている薬剤師がもう一度確認しておきたい心構えとは

 

転職先の面接日が勤務日になった時に、有給が取れるのかなども確認しておきましょう。就業規則を事前に確認しておけば、退職できる時期がわかるので面接の際に入社可能日を伝えられます。

 

転職先の情報収集は綿密に行う

 

給与や待遇を確認するのはもちろん、離職率や職場の雰囲気などできるだけ情報を集めることも大事です。条件面でクリアできているように思える職場でも、実際には募集要項に書かれていないデメリットがあることも考えられます。

 

 

転職の際に求人サイトや、求人誌だけで探しているとなかなか転職先の実態を知ることはできません。薬剤師の求人に特化した転職エージェントを利用すれば、担当者から職場の様子を聞くことも可能です。

 

 

 

自分では言いづらい条件交渉を代わりに行ってもらえるのも、転職エージェントを利用するメリットと言えるでしょう。

 

 

 

転職に罪悪感を持つ必要はありませんが、本当に転職する必要があるのかを考えることは大切です。失敗しない転職のためには、決断力と転職に対する心構えが大切です。

 

 

紹介サービス会社抜粋はこちら